あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

土地活用で優良業者相談・比較サイトコラム

事業受託方式による土地活用とは

2014.08.27

自己の所有地にアパート、マンションなどを建てて土地活用を図りたい場合に比較的よく用いられる方法として、事業受託方式があります。 これは、土地の所有者から委託を受けた建設会社やコンサルタント会社などが、所有者に代わって土地活用にかかわるさまざまな業務を一手に引き受ける方法のことをいいます。 土地活用を何の知識経験も持たない人がいきなり始めるのはリスクが大きすぎますが、このような方法をとることによって、会社が抱えているスペシャリストたちの知識経験を活かすことができるため、大幅なリスク軽減となります。 また、土地そのものや完成した建物の所有権も、他人に譲り渡すことなく引き続き自らのものとすることができることから、はじめての土地活用には最も馴染みやすい方法といえます。 一般にこうした受託会社が具体的に行う業務としては、土地の立地特性や収益性などの診断にはじまり、建築や開発行為に関する事業計画の策定、事業を遂行するための資金調達と工事の発注、入居者や入居するテナントのあっせん、完成した建物の維持管理などがあり、まさにトータルでの土地活用の引受けといえます。 事業受託方式では、しばしば会社が完成した建物を所有者から一括して借り上げるサブリースとセットになっていることが多く、これによって請け負った会社側は自前で土地・建物を取得して不動産賃貸を行うよりもコストが軽減できるほか、所有者側としても、建物の管理に関係した入居者とのトラブルや、完成後の空室による収益減などを気にしなくてすむというメリットがあります。 ただし、サブリースの場合、会社が指定した構造の建物しか建てられないことが多く、自由度という点では他の方法に劣ることがあるほか、家賃は永続的に同じ水準というわけではないので、建物が年数を経過して家賃更改となる際などにトラブルが生じる可能性も否定できません。 こうしたことがらを念頭に置き、事業受託方式を採用するにあたっては、数十年後の将来をよく見据えて、会社が提案してきた事業計画の内容を吟味した上で委託を決めることが必要となります。

土地活用で優良業者相談・比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社