あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

土地活用で優良業者相談・比較サイトコラム

借地借家法改正で事業用の土地活用が有利に

2014.08.29

事業用(住宅等の居住用以外の用途)だけに土地活用する場合に利用できる定期借地権として「事業用借地権」というものがあります。土地の所有者が店舗などを建設してこれを賃貸するよりも、土地だけを貸して借主が建物を建てるという形にした方が、建物投資や借入金返済の事業リスクを負わずに地代収入を得られるというメリットがあります。年間の地代収入は土地代の3~6%と、ローリスクの割には高い収益を得られる土地活用法です。

しかし従来の事業用借地権は借地期間が10~20年の間に限定されており、最長でも20年後には借地人は建物を壊し更地にして土地を返さなければならず、借りる側にとって利用しにくいものでした。また普通借地権の場合は期間が30年以上とされており、借地人が更新を求めた場合は同一の条件で更新しなくてはならず、正当な理由がなければ断ることができませんでした。更新後の契約期間は20年以上で、一度貸してしまうと貸主になかなか土地が戻って来ない仕組みとなっており、土地活用の方法としては貸主にとってリスクの高いものでした。

平成20年に借地借家法が改正され、事業用借地権の設定期間が「10年以上30年未満」と「30年以上50年未満」の2つのタイプに分けられました。10年以上30年未満の場合は契約更新はなく、契約終了時に土地は更地にして返却されます。(30年以上50年未満の場合は特約により更新可能)それによりライフプランに合わせて土地を貸すことができるようになり、立ち退きのトラブルや途中退去のリスクもなくなって、土地活用がしやすくなりました。また借りる側にもメリットがあるため郊外のロードサイド地などでの需要増加が見込まれ、土地の資産価値も上がる可能性があります。
現在、契約期間10年以上30年未満のケースではコンビニや飲食店、30年以上50年未満のケースでは初期投資が多額になるため大型ショッピングセンターやパチンコ店、物流倉庫といった形での土地活用が多くなっています。

土地活用で優良業者相談・比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社