あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

土地活用で優良業者相談・比較サイトコラム

第一種低層住居専用地域で土地活用

2014.09.01

土地活用をするときには、その土地の用途地域を知っておく必要があります。第一種低層住居専用地域は用途地域の中でも、もっとも厳しい規制がかけられていますから、自由に土地活用をすることはできません。この点には注意しておかなければならないでしょう。一般的に住宅地と言われているところは、第一種低層住居専用地域に指定されていることも多いです。一戸建て住宅をマイホームとして購入した場合には、用途地域を確認しておかなければなりません。

第一種低層住居専用地域で土地活用をすると言っても、例えばオフィスビルを建築することはできません。大規模な賃貸マンションを建築することもできません。遊戯施設なども建築することができません。快適に住生活を送ることができるという前提の地域ですから、制限は非常に厳しいと考えられるのです。ですから、テナントビルとして経営をするのは難しいですし、ほかにもビジネスをするためのビルを建築するのも難しいでしょう。

建坪率についても制限されていて、30%から60%の間で定められています。ですから、有効的な土地活用は難しいとも考えられます。庭のある一戸建て住宅に適したように定められているとも考えられますから、建物を建てることのできる面積は限られているのです。

容積率についても制限があって、200%が最大ですが、最低では50%となっています。また、前面道路によっても容積率が定められていますから、前面道路の狭い土地であれば、容積率はかなり低くなります。

このようなことから、土地活用をするためには色々な制限があるということは先に把握しておく必要はあります。一戸建て住宅をそのまま賃貸として貸し出すという方法も考えられますし、建築できる範囲でアパートを建築すると言うこともできます。共同住宅を建築してはいけないという規制はありませんから、建築できる建物の範囲であればアパート経営をすることによって利益を得る事はできるでしょう。

土地活用で優良業者相談・比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社