あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求
イメージ タテール君

資料請求はこちらから

クイック診断

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

  1. コラム 01ローンを組んでいる時に賃貸併用住宅にする場合で気をつけること
  2. コラム 02中古物件を利用した賃貸併用住宅
  3. コラム 03賃貸併用住宅のメリットとデメリットとは
  4. コラム 0450坪の敷地に賃貸併用住宅を建てるとどうなるか
  5. コラム 0540坪の賃貸併用へのマイホーム建て替え
  6. コラム 063階建ての賃貸併用のマイホームを考える
  7. コラム 0730坪程度でも賃貸併用住宅は可能
  8. コラム 08賃貸併用2世帯住宅のメリットデメリットについての考察
  9. コラム 092世帯の賃貸併用住宅を建てる時は
  10. コラム 10賃貸併用住宅の固定資産税減税について
  11. コラム 11rcの賃貸併用住宅を建設すると
  12. コラム 12自分の新居を賃貸併用にするプランを考える
  13. コラム 13賃貸併用住宅を建設する時に大切な防音
  14. コラム 14独身の方には賃貸併用住宅がいいのでしょうか
  15. コラム 15賃貸併用住宅のデメリットをチェック
  16. コラム 16賃貸併用住宅を建てる税制上のメリット
  17. コラム 17賃貸併用住宅で税金を節約するには
  18. コラム 18賃貸併用の住宅メーカーとメリット
  19. コラム 19賃貸併用のマイホームの実例を考える
  20. コラム 20賃貸併用住宅をローン返済に役立てる
  21. コラム 21賃貸併用の住宅ローン控除の適用可否
  22. コラム 22賃貸併用住宅で住宅ローン対策を行う
  23. コラム 23賃貸併用住宅で住宅ローン減税を受けるには
  24. コラム 24賃貸併用住宅の減価償却について
  25. コラム 25賃貸併用住宅の建設に銀行の住宅ローンを利用するメリットとは
  26. コラム 26賃貸併用住宅だと銀行から融資してもらいやすい
  27. コラム 27賃貸併用住宅はローコストであるのがメリットです
  28. コラム 28賃貸併用住宅でローン対策を行う
  29. コラム 29賃貸併用住宅のローンを組む時に気をつけること
  30. コラム 30賃貸併用住宅にリフォームするときのポイント
  31. コラム 31賃貸併用住宅の利回りは大事ですが
  32. コラム 32賃貸併用住宅を建てるなら予算をまず決めよう
  33. コラム 33賃貸併用住宅で利用できる融資の種類
  34. コラム 34賃貸併用住宅の家賃保証はハウスメーカーのサービスです。
  35. コラム 35賃貸併用住宅を木造建築で建てるメリットとデメリット
  36. コラム 36メゾネットの賃貸併用住宅を建てる
  37. コラム 37賃貸併用住宅メーカーを理解するために
  38. コラム 38賃貸併用住宅にする事で得られる大きなメリット
  39. コラム 39賃貸併用のマンションを建設することも
  40. コラム 40賃貸併用住宅を建築するときは間取りが大切
  41. コラム 41賃貸併用でフラット35sを使う
  42. コラム 42賃貸併用住宅で不動産投資をする
  43. コラム 43フルローンを使った賃貸併用住宅の建設
  44. コラム 44賃貸併用物件の不動産取得税について
  45. コラム 45賃貸併用の不動産を所有すること
  46. コラム 46フラットで賃貸併用住宅を建築したい
  47. コラム 47フラット35が利用できる賃貸併用住宅のメリットとデメリット
  48. コラム 48賃貸併用住宅で住宅ローンの支払い費用を節約
  49. コラム 49賃貸併用ハイムの住み心地はどうなのでしょうか
  50. コラム 50賃貸併用住宅を扱っているハウスメーカー
  51. コラム 51賃貸併用住宅は二世帯住宅との併用でもあります
  52. コラム 52賃貸併用住宅での不動産投資のメリット
  53. コラム 53土地から賃貸併用の不動産を考える
  54. コラム 54賃貸併用住宅に係る登記について
  55. コラム 55土地を賃貸併用住宅として使用する場合のメリットとデメリット
  56. コラム 56テラスハウス形式の賃貸併用住宅も
  57. コラム 57鉄骨造の賃貸併用住宅のメリット
  58. コラム 58賃貸併用住宅の坪単価はどれくらい
  59. コラム 59賃貸併用住宅に地下室を設置する
  60. コラム 60賃貸併用住宅を建設するなら長期優良住宅を
  61. コラム 61賃貸併用住宅を注文住宅で建てる
  62. コラム 62賃貸併用住宅の相談をしてみよう
  63. コラム 63賃貸併用住宅の騒音に悩まされない為に
  64. コラム 64相続税対策のために賃貸併用が人気
  65. コラム 65賃貸併用住宅はセカンドハウスローンを利用
  66. コラム 66賃貸併用を取得して成功するためには
  67. コラム 67賃貸併用は節税に適した投資方法
  68. コラム 68賃貸併用は収益性が高くはありません
  69. コラム 69賃貸併用と一般的な収益物件の違い
  70. コラム 70賃貸併用のためのシュミレーション
  71. コラム 71収支を考えて賃貸併用を購入する
  72. コラム 72新築で賃貸併用を建てる時のポイントとは
  73. コラム 73賃貸併用のシェアハウスを作ることもできます
  74. コラム 74賃貸併用は失敗してもリスクが小さい
  75. コラム 75サラリーマンの投資向けの賃貸併用
  76. コラム 76三階建ての賃貸併用住宅の魅力とは
  77. コラム 77工務店に依頼して建てる賃貸併用住宅
  78. コラム 78賃貸併用で固定資産税を減額する
  79. コラム 79賃貸併用住宅の建築費用の詳細とメリットとデメリット
  80. コラム 80賃貸併用住宅なら建設費がなくても大丈夫
  81. コラム 81賃貸併用住宅の建築費はどの程度になるのか
  82. コラム 82賃貸併用住宅を建てる時の経費にはどのようなものが有るか
  83. コラム 83賃貸併用住宅で住宅ローン控除を受けるには区分登記
  84. コラム 84賃貸併用住宅を区分登記する場合のメリットとは
  85. コラム 85狭小地にも賃貸併用住宅は出来る
  86. コラム 86狭小住宅を賃貸併用にするときのポイント
  87. コラム 87狭小な土地での賃貸併用住宅は可能か
  88. コラム 88賃貸併用のメリットとデメリットと火災保険について
  89. コラム 89賃貸併用住宅の価格と年収との関係
  90. コラム 90賃貸併用住宅の建築と所得税の確定申告
  91. コラム 91賃貸併用住宅を建設して大家となる
  92. コラム 92賃貸併用住宅はアパートでも一戸建てでも構いません
  93. コラム 93賃貸併用住宅は一括借り上げしてもらうと管理の問題から開放されます
  94. コラム 94賃貸併用で青色申告をするメリット
  95. コラム 95賃貸併用不動産はアパートローンではなく住宅ローンで
  96. コラム 96賃貸併用住宅のローンの頭金について
  97. コラム 97賃貸併用住宅のアパート部分貸し出しで家賃収入を得よう
  98. コラム 98賃貸併用住宅建築費と戸建ての建築費の違い
  99. コラム 99自宅を賃貸併用住宅にするメリット
  100. コラム 100賃貸併用住宅を建てる場合には間取りが重要
  101. コラム 101気になる賃貸併用住宅にかかる価格
  102. コラム 102賃貸併用住宅デメリットはどこかデメリットなのか
  103. コラム 103ローンを組んでいる時に賃貸併用住宅にする場合で気をつけること
  104. コラム 104中古物件を利用した賃貸併用住宅

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

賃貸併用住宅のメリットとデメリットとは

「賃貸併用住宅」というものをご存知でしょうか?
住戸の一部を賃貸用、一部を居住用とするために設計された特別な形態の住宅です。
多くの場合、新築一戸建て住宅を建築する際に、選択されるものです。
賃貸併用住宅は、ローン返済を賃貸部分からの賃料収入によって行うことで、購入にかかる費用を実質的にかからないようにするという目的で建てられることがほとんどです。

賃貸併用住宅のメリットは、ここまでで述べたように「購入費用を無かったことにする」というものです。
ローン返済と賃料収入の相殺を行うわけです。
もうひとつは、賃料収入によって、手持ち資金で建てられる規模よりも大きい家が建てられるます。
スペースが賃貸部分に取られる代わりに、居住スペースの内装や設備のグレードを上げることができるようになります。
より多くの賃料収入を得るためには、賃貸部分の間取りを大きくしたり、設備を良くしたりすることによって実現出来ます。
住宅ローンが完済したあとは、賃料収入はそのまま手元に残るようになります。

賃貸併用住宅のデメリットは、賃貸部分を建てる費用を負っているということに尽きます。
賃貸部分を大きくすればするほど、建築コストも上がります。
その分、居住スペースを狭くすればトータルコストは一定のままにできるかもしれませんが、居住スペースよりも賃貸スペースのほうが設備も広さも立派、ということになりかねません。
これも大きなデメリットです。
賃貸併用住宅では、居住スペースと賃貸スペースのバランスが、コスト的にも綱引き状態になってしまうのです。
固定資産税も、建てた本人が負担します。賃貸スペースの分についてもです。
ただし、これは賃料に転嫁できれば問題ありません。

住宅ローンが完了したあとも、賃借人が引き続き住み続けた場合には、賃貸スペースは自由にはなりません。
借地権契約などを結んでしまうと、そのリスクは増えます。
賃貸スペースはいつまでも賃貸のままにしておくつもりでなければならない、ということにもなります。

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社