賃貸併用住宅の会社・情報を比較コラム

賃貸併用で青色申告をするメリット

2014.05.16

賃貸併用住宅を購入して賃貸経営をすれば所得が発生しますが、所得が発生すれば申告して納税することが必要となります。税金は安ければ安い方が良いのですが、そのためのものとして青色申告があります。

正式な帳簿を作ることによって控除を受ける事ができ、それによって税金を安くすることができるのです。賃貸併用住宅で賃貸経営をするときには、強力な節税効果があると考えておきましょう。

控除がありますから、これだけでも税金を安くすることはできます。ただ、自分で行うのが難しいという人もいるでしょう。このような場合には税理士に確定申告を依頼すれば良いのです。そのときには料金を支払わなければなりませんが、控除の金額よりも料金を安くできる場合もありますから、元は取れることが多いです。

赤字の繰り越しができるというメリットもあります。賃貸併用住宅を購入したとしても、年によっては赤字になることもあります。この赤字を翌年に繰り越すことができれば、翌年の税額を安くすることができます。これによっても節税ができるのです。

30万円未満のものは費用化できるというメリットもあります。青色申告をしなかった場合には減価償却をしなければならないものを、すぐに費用化することができますから、節税対策が容易になると考えられるのです。

賃貸併用で利益が拡大してくると、一人の所得にすると税金が高くなりすぎることもあります。このようなときに、家族に給料を払うという形をとることができます。このときの給料を経費として計上できますから、これも節税対策に用いる事ができるでしょう。

なお、青色申告をするためには先に届け出なければなりませんが、それを取りやめるのは自由です。つまり、届出をしておいた上で、申告のときに白色申告にする事もできます。ですから、賃貸併用住宅を購入したときには、とりあえずは青色申告をすると都と毛でしておいて、帳簿ができなければ白色申告にするという方法もとることができます。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

賃貸併用住宅の会社・情報を比較のメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社