土地活用の業者・情報を比較コラム

土地活用の種類17選!土地活用を比較しておすすめも紹介!

2019.10.03

土地活用には多くの方法があります。賃貸経営やサブリース、駐車場など多種多様な方法があるのです。

土地活用の有利な点は、あらゆる方法で活用できるということ。小さな土地から大きな土地まであらゆる地形で土地を活用できるのですが、その方法を間違えてしまいますと失敗してしまいます。思うように収益が得られなくなってしまい、逆に赤字だけになってしまうのです。

そこで、土地活用には成功するための方法が必要になります。ライバルがしていないようなアイデアによって土地活用で成功しましょう。ここでは土地活用で成功するための方法を解説していきます。

土地活用の3つの方法

所有する資産をもっと有意義に活用したい、資産価値を更に高めたい、老後のために安定した収入が欲しいと考えている土地オーナーさんも少なくありません。そういう土地所有者が土地活用をするには3パターンの方法があります。

まず1つめは土地を売るという方法です。土地を手放すことに抵抗がない方にはお勧めですが、売却で利益を得ることで税金が課せられたり、すぐに買い手が見つからない場合もあります。

2つ目の土地活用法は土地そのものを貸すという方法です。定期借地方式で貸す、土地を更地にしてから貸す、整備して駐車場として貸す方法等があります。

3つ目は、土地に建物を建てて貸す方法です。固定資産税や相続税などが軽減される事も有るため、より高い収益の見込める有効な資産運用といえます。

土地活用で注意すべきこと

土地活用について、その保有する土地について維持費が心配になってくる場合があります。特に毎年課税される固定資産税は大きな負担です。

たとえば、空き地でなにも使用していなくても、固定資産税の課税はされますから、毎年かなりの負担になる場合が多くあります。

このため、いっそのこと土地活用をあきらめて売却するという考え方があります。そうすれば売却でまとまった資金が手に入りますし、新たな所有者の下で土地活用を考えてもらえば済みます。そこから先は、売却した側は悩まされることがなくなるのです。

しかし、売却して得たお金は受け取ったお金に対して所得税などが課税されるため、翌年の2月から3月にかけて行う所得税の確定申告では必ず申告を行い納税する義務が生じます。

売却するお金の使い道についてはしっかりと考えておく必要があります。万が一使い込んでしまって納税するお金がないという事態にならないように、十分留意しておく必要があります。

駐車場などでの土地活用を考える場合もあるでしょうし、また不動産業者などから土地活用について勧められる場合もあります。しかしながらその不動産について運用益などの収入面で不安がある場合は、手放してしまうことを考えたほうがよい場合もあります。

いずれにしろ、今後日本の人口は減少していくことが考えられており、賃貸で入居したいという人も少なくなっていくことが想定されます。そうした中でリスクとなるべきことはなるべく早く決断して、土地などを手放す勇気も必要となります。

地方では限界集落と呼ばれる地域が発生してきており、それが少しずつ波及していくことも想定されていますから、賃貸業などはこれから難しい局面が発生すると想定されています。

もともと不動産業などをしている人であればともかく、そうでないのであれば素人による商法になってしまいかねず、かえって負担が増大することも想定されますから、固定資産税に負担がきついなどの場合は早めに売却手続きを取るなどの対策が必要となります。

1.賃貸経営

自分の家を建築する事で更地の状態よりも土地の税金は安くなります。さらに、自宅ではなく賃貸経営用のアパートを建築しても同じことがいえます。要は、土地と言うものは建物が有るか無いかにより税金の支払金額が変わると言う事で、土地活用には色々な方法があり、土地活用を上手に行う事で支払う税金が安くなるということなのです。

勾配のある土地の場合でしたら家を建設して戸建賃貸にしてみるとか、マンションやハイツにしてみるなどの方法もあります。

アパートなどを建築するためにはローンを組んで建物を作らなければなりませんが、この場合は不動産所得と言う形で家賃収入を得る事が可能になります。

尚、ローンを組んでの賃貸経営では、家賃収入をローンの返済に充てる事になりますが、家賃収入がなくなることでローンの支払いが難しくなるケースも在ります。サラリーマンなどの人の場合は、給与収入が有りますので、経費が積み重なってしまい、赤字になった場合などでも給与所得と相殺され、所得税が還付されると言うメリットが有ります。

なお、賃貸経営を行う上での魅力は家賃収入であり、これを常に得られることでローンの支払いなども不安なく返済していくことになります。しかし、入居者は永遠に住んでくれるわけではありませんので、空室が出た時の事を考える事が重要で、これらの保証を行ってくれる管理会社に委託を行うケースが多いのが特徴です。

2.サブリース契約

土地活用をすることによって利益を得られれば良いのですが、場合によっては賃料収入が減少して利益を得る事ができなくなる場合もあります。このようなリスクが土地活用にはあります。何らかの方法でリスクを抑える事ができないものかと考えるのは当然のことでしょう。このようなニーズに応えるのがサブリースです。

サブリースとは、一括借り上げを指します。例えばマンションを建築した場合、そのマンションの全てを借り上げてくれます。これによってどのようなメリットがあるのかというと、空室があったとしてもサブリーサーが賃料を支払ってくれます。

その代わりに賃料収入のうちの一部をサブリーサーに手数料として支払わなければなりません。つまり、一定の料金を支払う代わりに空室リスクがなくなる契約だと言えるでしょう。土地活用における空室リスクを抑えるための方法として注目されています。

土地活用のリスクを考えてみれば、サブリースは非常に便利なものだと考えられるのですが、注意しておかなければならない事はいくつかあります。

まず、契約をきちんと把握しておくことが必要です。一方的に不利な契約内容になっていないかどうかを確認しておかなければならないのです。例えば、30年契約をすれば、ローンの完済までは安心です。しかし、契約の中に、サブリーサーが契約解除できるような条項があれば、安心して契約することはできないでしょう。

ほかにも、サブリーサーの破綻リスクも考えておかなければなりません。契約がどれだけ優れたものであったとしても、破綻してしまえば賃料をもらうことはできないでしょう。

経営状態の危ういサブリーサーと契約をし、定期的に賃料収入の数パーセントを支払った後に破綻されてしまうと、土地活用の予定が狂ってしまいます。返済が滞って、やがては物件を手放さなければならなくなることもあるのです。そうならないようにするためには、破綻リスクの小さいおおて企業と契約をするのが良いと考えられるのです。

3.プレハブ

プレハブというと、建築現場にあるような建物や、あるいは仮設住宅として立てられているものをイメージする人が多いようですが、これは昔の話です。最近では仮設のものではなくて、ずっと使うことのできるものも登場しています。

オフィスビルや店舗、アパートなど、様々なところでプレハブ建築が採用されていて、土地活用のシーンでも用いられていると言えるでしょう。

土地活用の場面ではプレハブ建築が用いられる機会も多くなってきているのですが、これはそもそもどういったものなのでしょうか。語源は「Prefabricated」ですが、この意味は「前もって作られているもの」というものです。つまり、建築現場に行って建物を作り始めるのではなくて、工場であらかじめ作成しておいたものを現場で組み立てるという方法を指します。

ですから、安物の仮設住宅に使われるものという意味ではないのです。工場で建物を作る次代になったというのも不思議なものなのですが、もうすでにこの工法は確立されていて、様々な建物に用いられています。

そのメリットはというと、生産コストが下がることです。これは土地活用の場面では非常に魅力的なものだと言えるでしょう。工場で大量生産をする事ができますから、生産コストはかなり低くなります。また、工場で作るために、現場で建築するときにかかる時間を大幅に短縮できるというメリットもあるのです。

土地活用をする時には大きな費用がかかるのですから、少しでもコストダウンができるというメリットは大きいでしょう。

短期間で建築が完了するメリットも大きいです。オフィス用途であっても、住宅用途であっても、建築中は収入を得ることはできません。短期間で建築が完了すると言うことは、収入の得られない期間を短縮できると言うことですから、全体的な収入アップにつなげることはえきるでしょう。このようなことから、土地活用には色々な面で適していると考えられます。

4.分割

土地が大きい場合には、分割をして活用するという方法もあります。土地があまりにも広すぎますと、例えば土地などを貸す場合には賃料が高くなりすぎてしまうのです。そのためになかなか借りられなくなります。

しかし、分割して土地活用をすることによって複数の土地を貸したり活用することができますし借りられやすくなるのです。また、立地の条件や土地の形などによってどのような土地活用をするのかを決めるようにしてください。

5.駐車場

土地が平坦であり、さらに駅の近くなどでしたら駐車場にするのがいいでしょう。

駐車場にすることで更地の状態よりも税金が安くなりますし、駐車場を貸し出すことで駐車料金を月極めなどで得る事も可能になるわけです。駐車場であれば工事費用もそれほど高額になりませんので、予算などに応じて考える事が出来る賃貸経営といえます。

6.バイク置き場

余った土地を、バイク置き場に土地活用する方法があります。余った土地を眠らせておくのはもったいないです。バイク置き場にすれば、土地活用をして収入を得られます。

バイク置き場ということで、沢山の契約者と契約を結ぶことができるメリットがあります。近くにバイクを置くのが禁止されているアパートなどがあれば、多くの需要があり、土地活用をしやすくなっています。

近くに駅などがあった場合も同じです。駅までバイクや自転車で通勤してそのまま置いておきたいという人が沢山いるからです。

さらに、コンテナ式にすることで、バイク置き場に物置小屋としての付加価値を付けて、土地活用をすることができます。そうすれば、家が狭くて邪魔なものを外に置いておきたいと思う契約者も契約へ導けます。そのため、かなりの数を見込めるのです。

更地で土地活用するとなると、余計な仕切りを作らなくても大丈夫です。ただ、野ざらしにしておくだけで土地活用をできます。そうした多くの土地を整備なしで活用することができるため、コストパフォーマンスも良いのです。

そして一番のメリットは、放置をしていても収入が入ってくる事です。何も管理しなくとも収入が入ってくるため、労力をかけずに収入を得る事ができます。

バイク置き場のデメリット

デメリットとしては、バイク置き場にした際の盗難事件などの対応です。盗難事件が発生した場合、土地活用をしていた本人のせいにされては不利益です。事前に盗難は一切責任を負わないと契約しておく必要があります。

また、盗難トラブルの他にも倒れた際に故障したなどの様々なトラブルが考えられます。そうした事も事前に告知しておく必要があります。

バイク置き場に土地活用をする際には、条件があります。そこにバイク置き場としての需要があるか、顧客が見込めるか、駅が近いかなどの条件です。そうした条件クリアした時、土地活用としてバイク置き場は効力を発揮してくるものとなります。土地活用にバイク置き場は適切な選択です。

7.トランクルーム

トランクルームとは物置のようなものなのですが、マンションに暮らしている方に人気のサービスになります。家の中に置ききることのできない荷物をトランクルームの中に預けておくのですそうすると家の中はすっきりとするのです。

家の建て替えなどをするときに一時的に荷物を保管する場所としても活用できます。かなりの活用の用途があるので利用されているのです。

土地活用としてトランクルームが有用なのには理由があります。一応トランクルームを建築しなければいけませんが、住居ではありませんのでアパートなどを建設するよりももっと少ない金額で始められるのです。

トランクルームの場合は一つ一つのスペースは小さいですので小さな土地でも活用できます。駅の近くのみならず駅から遠く離れた住宅街などでも需要のあるサービスなのです。

この土地活用をする場合にはトランクルームの業者と契約をするという方法もありますが、独自に経営をすることもできます。ただ独自で経営をする場合には留意しておくべき点があるのです。

トランクルームはお客様の財産を預かるサービスですのでもしも火事などがありますと多くの損害賠償が発生します。そして盗難などを防止するためにセキュリティシステムは万全にしなければいけません。

中にある荷物を保管するために空調管理などもしっかりとしておく必要があります。初期費用はアパートなどに比べて少ないものの運用にはそれなりのコストがかかるものだと思ってください。土地活用方法としては最近になって注目されるようになりましたがこのような活用をする方はかなり今増えてきています。

事前の調査なども必要になる土地活用の手段ですが、それなりの収益も見込めます。家賃ほどではないものの不労収益だけですと、生活するのも夢ではありません。

8.ロードサイド店舗

昔は田んぼや畑に使っていたけれど、今では誰も跡を継ぐ人がいないまま、土地だけが眠ったままでそのままにしているという方もあるかも知れません。その場所から離れた土地に住んでいる場合は、使い道がないと思うものの、先祖から貰った土地を手放すわけにはいかないので、ただの空き地にしていることもあるでしょう。それがロードサイドにある土地ならもったいないので、土地活用をすることをおすすめします。

土地活用と聞くと、難しそうに思えるでしょうが、お近くの信頼できる不動産会社に相談すれば、その土地をどのように使えば利益になるかの相談に乗ってくれるはずです。たとえばロードサイドの土地活用を考えるなら、ロードサイド店舗を建てるのが一番向いているので、空いた時間に検討することをおすすめします。

幹線道路のような通行量の多い道路の沿線に行くと、いくつものお店を見かけることが出来ます。ファミリーレストランや回転寿司屋、ラーメン屋などの飲食店を始め、ホームセンターやドラッグストア、中古車販売店など、色々ありますが、これらのお店には車やバイク、自転車などを使ってアクセスすることがほとんどです。

このような駅から離れた郊外にある、主要幹線沿いに立地しているお店のことをロードサイド店舗といいます。交通量の多いロードサイド店舗だと、かなりの集客数が見込めますから、土地活用で貸し出せば、毎月たくさんの賃料を得ることが出来ます。

空き地のままで放っておいても、税金がかかるだけでまったく利益になりませんから、将来のことを考えるなら、土地活用で収入を得る手段を持っていた方が安心出来ます。

9.ホテル

駐車場経営やマンション経営、商業施設や医療福祉施設にコインランドリー経営等々、無限の可能性のある土地活用ですが、都市部の中心地や駅近くといった条件の良い立地の土地を所有している場合、検討したいのがホテルによる土地活用です。

繁華街やビジネス街近くの立地の場合、ビジネスホテルなどは長期的に安定した集客を見込むことができる点が大きなメリットとして挙げられますが、当然ながらそういった条件の良い立地の場合、どうしても同業の競合相手も多くなるという一面があります。

そんな中で、安定した収益を獲得し続けていく為には、高度な運営ノウハウが必要となりますが、このようなノウハウというものは当然一朝一夕で身に付けられるものではありません。そういった場合に注目したいのが、一括借上げや運営受託を利用してのホテルによる土地活用です。

一括借上げはその名の通り、土地と建物を一括して業者が借上げるというシステムで、土地のオーナーはホテルの収益に関わらず、常に一定の賃料を得ることができる為、経営不振などのリスクを回避して土地活用を行うことができる点が大きなメリットです。

土地のオーナーにホテルの経営ノウハウが要求されないので、最高の立地を持ちながらノウハウがなくて踏み切ることができない、という場合に注目したい選択肢となります。また、賃貸借契約満了後に売却を視野に入れる場合、その時の資産価値が重要となりますが、運営業者ではそういった点にも配慮して長期的な保全を図ってくれるので安心です。

ノウハウに不安はあるが経営自体はやはりオーナー自らが行いたい、という場合に検討したいのが、運営受託です。運営委託料を支払うことで、業者が長年積み上げた確固たるノウハウに基づく運営を行ってもらえるので、土地の持つ条件を最大限に生かした収益を期待することが可能です。

リスクを抑えたホテルによる土地活用を検討の際には、こういったシステムに注目してみましょう。

10.保育園

土地活用といえばマンションやアパートなどの賃貸物件や駐車場が真っ先に挙げられますが、近年注目されているのは、保育園や保育所の施設です。

特に働く母親の増加に伴い、保育園などの子供を預かる施設の不足や待機児童問題は大きな問題となっています。地域や社会に貢献できる上、アパートなどの賃貸物件のような面倒な家賃管理の必要がありません。

行政や保育園事業者とは20年以上の長期契約となるため、安定した収入が見込めます。保育園としての活用方法としては、土地そのものを保育園や経営事業者に貸す方法や、土地に保育園を建ててから貸す方法があります。

具体的な土地活用の流れの一例としては、土地オーナーが建築会社に建物を発注し、保育園事業者に建物を貸し、賃料をもらうといったプランがあります。

保育園を建設するには相応しい立地条件が必須となります。待機児童が多くいる地域か、子育てママに便利な土地か、周辺の居住環境が良好であるかなどの条件をクリアした土地でなければ、土地活用は難しいでしょう。

11.デイケア施設

高齢化が進むにつれ、高齢者向けの施設の建設が急務になっています。その中でも介護を目的とした施設は、介護事業を専門的に行う業者と、土地活用を目的とした方の協力により生み出されるビジネスの形態です。

通常の土地活用法として用いられる商業的な施設は、経済の影響に大きく左右されますが、介護施設は景気の影響を受ける事は少なく、高齢化を迎える現代社会においては大きな需要があるものなのです。

この土地活用として最適な施設形態にデイケアがあります。デイケア施設という土地活用法は、施設に通ってもらうためのものです。

この施設では日常的なお世話から、レクリエーションを行うサービスもあり、デイサービスとしても知られているものです。この施設では医療機関の提供する機能訓練なども行われており、個々の利用者の方が施設に通い、生活のお世話や身体的なケアを受けられる代表的なものとなっているのです。

又、このデイケアという施設では、利用者の健康状態の確認や日常生活のお世話も行われ、利用者の心身的な側面の健康維持を目的とし、高齢者の方の社会的な孤立の解消や介護する方の日常的な負担の軽減にも役立つものとなっています。

土地活用でデイケア施設を設立することで、地域の高齢者のためになるだけでなく、長期的に安定した利益も得られるのです。

12.太陽光発電

昨今の景気回復で、東京・大阪・名古屋の都市部では、土地の下落に歯止めがかかり地価も上昇傾向にあります。しかし、そのほかの地域では相変わらずの底値、あるいは下落傾向が続いています。

そのほとんどはバブル期以前の地価になりつつあります。上昇傾向の地域では、例えば200坪の遊休地があれば、その土地活用法として売却したり、賃貸借したり、マンションやアパートを建てたり、あるいは駐車場経営をしたりと、様々な選択肢があるでしょう。

しかしそうでない地域では、売却すれば損失も大きくなってしまいます。マンション経営では資金もそれなりに必要でしょう。

ですから、同じように土地活用するのは難しいのが現実です。そこで、もしも広い土地があるのであれば、おすすめの土地活用法が事業用の太陽光発電です。

無論、森林など届け出が面倒だったり、伐採に費用が掛かるような土地は除きますが、200坪もあれば日当たりもよいはずですから、売電での収益が見込めます。

休耕地などの農地であっても、事業化できます。国が行っている通称FIT、再生可能エネルギ電力全量固定価格買取制度により、電力会社に対して一定期間、一定の価格で買い取ることを義務づける制度です。

特に事業用での全量買い取りは20年間、売電価格が保証されます。用途のない遊休地でも安定収入を得られる収入源として有効的に土地活用することができ、確実に投資を回収できるローリスクの投資なのです。

リスクがあり得るとすれば、それは地震や津波、火山の噴火、洪水、竜巻などの天災ぐらいなものでしょう。ちなみに200坪程度だと、年間5万から6万キロワットの発電量が期待できますので、20年間では4000万円を超える収入となります。

太陽光パネルを設置するための初期コストにしても、国や多くの自治体では補助金制度や超低利融資制度を実施していますし、減価償却での税額控除もありますから、それらを利用すれば回収時期も短縮でき、回収後は安定収入として土地活用できます。自治体にもよりますが、助成の厚い地域なら最短で5,6年、薄い地域でも10年程度で回収できます。

13.事業受託

自己の所有地にアパート、マンションなどを建てて土地活用を図りたい場合に比較的よく用いられる方法として、事業受託方式があります。これは、土地の所有者から委託を受けた建設会社やコンサルタント会社などが、所有者に代わって土地活用にかかわるさまざまな業務を一手に引き受ける方法のことをいいます。

土地活用を何の知識経験も持たない人が、いきなり始めるのはリスクが大きすぎますが、このような方法をとることによって、会社が抱えているスペシャリストたちの知識経験を活かすことができるため、大幅なリスク軽減となります。

土地そのものや完成した建物の所有権も、他人に譲り渡すことなく引き続き自らのものとすることができることから、はじめての土地活用には最も馴染みやすい方法といえます。

一般にこうした受託会社が具体的に行う業務としては、土地の立地特性や収益性などの診断にはじまり、建築や開発行為に関する事業計画の策定、事業を遂行するための資金調達と工事の発注、入居者や入居するテナントのあっせん、完成した建物の維持管理などがあり、まさにトータルでの土地活用の引受けといえます。

事業受託方式では、しばしば会社が完成した建物を所有者から一括して借り上げるサブリースとセットになっていることが多く、これによって請け負った会社側は自前で土地・建物を取得して不動産賃貸を行うよりもコストが軽減できるほか、所有者側としても、建物の管理に関係した入居者とのトラブルや、完成後の空室による収益減などを気にしなくてすむというメリットがあります。

ただし、サブリースの場合、会社が指定した構造の建物しか建てられないことが多く、自由度という点では他の方法に劣ることがあるほか、家賃は永続的に同じ水準というわけではないので、建物が年数を経過して家賃更改となる際などにトラブルが生じる可能性も否定できません。

こうしたことを念頭に置き、事業受託方式を採用するにあたっては、数十年後の将来をよく見据えて、会社が提案してきた事業計画の内容を吟味した上で委託を決めることが必要となります。

14.信託銀行

現在、所有している土地を有効に活用するためには、幾つかの方法を把握しておく事が大切です。どのように土地を活用すれば収益が高くなるのかを調査し、効率の良い土地活用法を考案する事が重要になるのです。

この土地活用法の基本的な方法には、売却という方法があります。この土地活用は土地を売却してしまうことで、スムーズに現金化できるという特徴があります。

この方法は新規で事業を立ち上げるケースや、相続の税負担の低減などを行うときに頻繁に用いる方法です。

この基本的な土地活用のメリットとしては、収益性が高く、土地から現金に円滑に返還が出来るという利点があります。又、固定資産などの税金に関連する問題が無くなり、金銭的な負担が少なくなります。この基本的な土地活用法の短所としては、業者に支払う手数料などの費用がかかることがあります。

次に、土地活用方法として用いられているものには、信託銀行に土地を活用してもらうものもあります。これは、銀行などの金融機関にその土地で事業展開をしてもらうというものがあります。

これは信託銀行が資金の調達を行ってくれるもので、金融機関が行う事業の収益を受け取る事ができるものです。この活用法の利点は、銀行などとの契約後は、土地の所有権は返されるというポイントがあります。

又、これまでに土地を活用したビジネスなど、経営面の知識が無くても行える方法である為に、経営に関するリスクなどが軽減されるのです。しかしながら、この方法では事業を運営する信託銀行などへの報酬が必要となり、収益が少ない場合は受け取る事ができる配当の割合が下がる事もあります。

15.ゼネコン

建築業者の中でもっとも大きなものがゼネコンです。高度成長期には土地に対する需要が非常に大きく、大規模な土地活用が必要とされました。そのときに建築を行って急成長したのがゼネコンです。

その後は、バブルの崩壊で不動産価値が下落し、土地活用は積極的に行われなくなり、経営破綻したものもあります。土地活用と建築というのは、切っても切ることのできない関係だと言えるでしょう。

そもそもゼネコンとはどういった意味なのでしょうか。英語でいうGeneral Constructorの略だと言う説が強いようですが、欧米でのGeneral Constructorは、どちらかというと規模の小さいものが多いようです。Generarlというのは、Specialではないという意味で考えられます。

ですから、何かに特化しているのではなくて、何でも請け負うということを意味します。日本でいうところの、小規模な工務店というイメージだと考えられます。日本で言うところのゼネコンとは少し異なります。

日本の大企業の多くが財閥から派生したものであるのに対して、ゼネコンはどちらかというと財閥とは結びつきが弱いという傾向があります。由来をたどれば、電鉄関連や鉄鋼関連の企業だとも考えられます。どちらにしても、日本の建築業界をリードしてきた企業だとも言えるでしょう。

土地活用をするときにはゼネコンを使うこともできますが、その場合にはかなり規模の大きい建築をすることになります。あまり小さいものは請け負ってくれないことが多いでしょう。例えば、小規模なアパートなどを依頼する事はできなくはないのですが、依頼したとしても結局は下上の企業が全て行うということになりますから、それほどメリットは大きくないと考えられます。

ただ、経営の規模が大きいという特徴はありますから、安心して任せる事はできるでしょう。

16.ホームセンター

土地活用としてホームセンターのチェーンを誘致するという方法もあります。ホームセンターは地方でも需要は高く、現在ではかなり増えてきています。

ホームセンターを誘致するメリットはいくつかあります。1つ目は、ホームセンターはその建物などの活用面積が大きいということが挙げられます。面積が大きければ土地活用面積が広がり、その分の家賃収入額も大きくなります。建物だけでなく、駐車場の確保も必須のため、建物と駐車場に必要な土地を貸すことができます。特に、ホームセンターは、自動車で運ぶ必要がある物品を扱うことが多いため、建物以上に駐車場の確保が必要になります。

2つ目は、大規模な面積を特定の1社のみが借りるという点です。通常、商業施設など大規模な面積であれば、いくつものテナントと別々に賃貸借契約を結ぶ必要があります。しかし、ホームセンターの場合には、大規模な面積を活用するため、賃貸借契約を結ぶ場合、その該当する1社と契約すればよいので、契約に関するわずらわしさから解放されます。

17.売却

最後に、土地活用法としては土地を複数所有している場合に用いられる方法で、所有する資産を売却してしまい、新たに大きな資産を購入するという方法があります。この場合は、複数の資産を売却し、より大きな資産を購入するために資金を調達したりする事で、より収益性の高いビジネスに結びつける事も可能になります。

ここまで、土地活用の方法をみてきました。いかがだったでしょうか。土地活用で成功するには、他の人がしていなかった活用の用途を自分で考えるのもいいのですが、前例のないことはかなりリスクがありますので、ある程度の需要があると証明されているものをしてください。

土地活用を相談する会社はしっかりと比較しよう

土地活用の相談をできる会社はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、提案内容や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、土地活用会社はしっかりと比較検討しましょう。また、土地活用の専門家でもあるので、ノウハウをたくさん持っています。地場や法律などの情報にも詳しいので、まずは相談するのがおすすめです。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

土地活用の業者・情報を比較のメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社