戸建賃貸経営の会社・情報を比較コラム

戸建賃貸と賃貸併用住宅を建築費とローンで比較。

2019.07.05

マイホームを持ちながらも、それとは別に戸建賃貸を建築して利益を得ようと思った場合、実質的には住宅2軒分の建築費がかかることになります。

マイホームを持ちたいという希望と、賃貸住宅を持って利益を得たいという希望との両方をかなえるのは、なかなか難しいことも多いと思います。こんな時におすすめなのが賃貸併用住宅です。賃貸併用の住宅を建築すると、この両方の希望を叶えられるというメリットがあるのです。

そもそも、賃貸用の戸建を建築する目的は何かというと、やはり利益を得る事だと思います。今後の生活を考えて、少しでも収益源を確保しておきたいと考えるのは自然な考えですし、賃貸として貸すだけでなく販売することもできるので融通がききます。

しかしながら、保有している土地が限られているときや、あるいは資金の問題で購入できる土地があまり大きくない場合には、マイホームを建築した上で戸建賃貸を建築するのは非常に難しいというのが実情です。

戸建賃貸と賃貸併用住宅を比較

では、賃貸用の戸建を建てるのと賃貸併用住宅を建てるのでは、どのような違いがあるのでしょうか?ここでは、それぞれを比較してみました。

賃貸併用住宅は、戸建賃貸のみを建築する場合に比べると利回りが低くなります。貸し出すことができる部分が狭くなりますので、その分戸建て賃貸よりも利回りが低くなってしまうのです。

賃貸物件を建築する場合やマイホームだけを建築する場合よりも、建築費が割高になるという点にも注意しておきましょう。賃貸併用住宅の建築費はなぜ高くなってしまうのでしょうか?

賃貸併用住宅の建築費が高い理由

賃貸併用住宅の建築費が高い理由は、賃貸併用住宅は自宅部分と賃貸部分に分かれるからです。

戸建ての場合は、生活する家族がひとつであるのならば、バスやトイレなどを多く設置する必要はありません。また、キッチンもひとつあれば充分という場合が多いのですが、賃貸併用住宅の場合はそうは行きません。

賃貸併用住宅では、賃貸部分にした部屋のひとつひとつにバスやトイレを設置する必要があります。そしてキッチンもそれぞれに設置しなければいけないために、かかる費用が大幅に上がってしまうのです。主にこのような理由から、賃貸併用住宅建築費は、一般的な戸建てに比べてかかる費用が多くなってしまうのです。

ただし、賃貸併用住宅は自分たちもそこで生活することができるために、居住費用を安くすることができるというメリットもあります。

賃貸併用住宅のローン

また、賃貸併用住宅の建築費をローンで組んでしまう場合にも、戸建てやマンションと比較して、費用がかさむ場合があります。

それは賃貸併用住宅の賃貸の部分が自宅の部分よりも広い場所を取ってしまう場合です。賃貸部分が自宅部分よりも広くなってしまうと、ローンの形態が変わってしまうのです。

通常、戸建てやマンションのローンを組む場合には、住宅ローンを利用することが出来ます。これは賃貸併用住宅の場合においても住宅ローンは利用することはできます。

しかし、賃貸部分が自宅部分よりも広くなってしまう場合には、この住宅ローンが利用することが出来なくなり、アパートローンを組まなければならなくなるのです。

アパートローンは住宅ローンよりも金利が高く、月々の支払いが多くなってしまいます。また、返済期限の限度年数においても、アパートローンは住宅ローンよりも短くなってしまうのです。

そのため、賃貸併用住宅建築費をローンを組んで支払おうとしている方は、自宅と賃貸の部分の間取りに気をつけなければなりません。賃貸併用住宅をどのように経営していくか、というライフプランをしっかりと考えることが大切です。

戸建て住宅を持ちたいという願いを叶える方法の一つとして、賃貸併用という選択肢があることを頭に入れておきましょう。マイホームも欲しいが賃貸経営をしたい、しかし資金が十分にないという人にとって最良の選択肢となるかもしれません。

賃貸併用住宅の建築業者はしっかりと比較しよう

賃貸併用住宅の建築業者はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、建築費用や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、賃貸併用住宅の建築会社はしっかりと比較検討しましょう。また、建築業者はノウハウをたくさん持っています。地場や法律などの情報にも詳しいので、まずは相談するのがおすすめです。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

戸建賃貸経営の会社・情報を比較のメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社