あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用住宅を木造建築で建てるメリットとデメリット

2014.06.04

賃貸住宅には賃貸専用と賃貸併用が有ります。賃貸併用住宅とは簡単に言いますと、自宅の一部が賃貸住宅になっている建物の事を指します。その賃貸併用住宅ですが、いくつかの形態が有ります。一つは新築時点で自宅部分と賃貸住宅部分を自由に設計する場合、他には自宅の居住人数が減って空き部屋が増えた分、改装して賃貸部分を作る場合、自宅に隣接させて賃貸部分を増築する場合などが有ります。そして、賃貸併用住宅の構造にもいくつか種類が有り、鉄筋コンクリート住宅、鉄骨住宅、木造住宅と主要構造材の種類によって分類されます。その中でも木造建築が建築費用的には安く出来ます。ちなみに一番費用が高いのは鉄筋コンクリート建築です。その木造建築で建てる賃貸併用住宅のメリットですが、一つは木材の材料には再生材を利用した物があったり、いくつもの木材を集成して作った集成木材が有ったりと材料自体の価格を抑える事が可能な事です。特に建築後に目にしない構造部材などはこのような新建材を利用する事で強度的にも一般木材と変わりなく費用を抑えられるのは大きなメリットです。また木造建築とする事によって他の建築工法よりも建物重量を軽くすることが出来、地震の時の免震にも有利に働きます。建物は単に頑丈であれば良いという訳では無く、ある程度の柔軟性が無いと、亀裂などが発生しやすくなります。その点木造建築の場合は柔軟性がある程度確保出来る点が有利です。そして木造建築の場合のデメリットですが、湿気や害虫に影響を受けやすい事が有ります。建材の選択や防蟻処理によってある程度これらの問題は防ぐ事が可能ですが、完全にメンテナンスフリーという訳では無く、定期的に床下や構造部材を点検して建物を管理する必要が有ります。また地盤状態によっては建具の立て付けが少し変形する事も有り得ます。そして最大の弱点は火災に弱いという事です。法律では内装材は耐火材料を使用する事になっていますが、構造木材が露出している場合も有り、火災の影響は受けやすいです。賃貸併用住宅は一般住宅と異なり規模が大きく居住人数も多いですので、その点をよく検討して建築する必要が有ります。

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社