賃貸併用住宅の会社・情報コラムコラム

賃貸併用住宅と一般的な収益物件の違い

2014.05.28

賃貸併用住宅を購入して賃貸経営をする場合には、一般的な収益物件を購入して賃貸経営をする場合とは異なると言うことに注意しておきましょう。例えば、賃貸併用住宅を購入した場合には、利回りが1%しか得られなくて、収益物件を購入した場合には20%の利回りが得られる場合、数字だけを見れば収益物件を購入するほうが良いと考えられるのですが、実はそうではありません。

なぜかというと、賃貸併用は賃貸部分だけではないからです。自分たちが住む部分があるのですから、当然ことながら利回りは低下します。自分たちが住む部分からは賃料収入を得ることはできないでしょう。その分だけ利回りが低下するのは当然だと考えられるのです。ですから、賃貸併用住宅を一般的な収益物件と比較するわけにはいかないのです。

月々のキャッシュフローを計算してみて、もしもプラスマイナスゼロになった場合、これは非常にお得な買い物だと考えられます。キャッシュフローがプラスマイナスゼロですから、家賃を支払わなくても住むことができるわけです。

しかしながら、物件としてどれくらいの価値があるのかを比較しなければならないシーンもあります。このようなときには、例えば賃貸併用の自宅部分については、自分で家賃を支払っているという前提でシミュレーションしてみるのも良い方法です。現在は賃貸住宅に住んでいるというのなら、その家賃を当てはめると分かりやすいでしょう。

そうではないのなら、これくらいなら家賃として支払うことができるという金額を当てはめてみるのも良いです。一般的な収益物件と比較するのなら、このようにするのが妥当だと考えられます。

賃貸併用というと、収益を生み出さない自宅部分について考慮しなければならないと考えられます。賃貸経営としてはキャッシュフローがマイナスになったとしても、それが居住コストだと考えることも必要だと言えるでしょう。この辺りを視野に入れて比較していきましょう。

不動産業者はしっかりと比較しよう

賃貸併用住宅の不動産業者はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、建築費用や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、不動産会社はしっかりと比較検討しましょう。また、不動産業者はノウハウをたくさん持っています。地場や法律などの情報にも詳しいので、まずは相談するのがおすすめです。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、いろんな会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

賃貸併用住宅の会社・情報コラムのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社