あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用住宅で住宅ローン対策を行う

2014.06.04

マイホームを持ちたいという時に立ちはだかる壁として住宅ローンが挙げられます。 一般的な勤め人の場合ですと一括で支払うというのは到底困難な話ですので、避けては通れない問題です。 住宅ローンの負担はとても大きいですし、将来的にも支払い続ける事ができるのかという不安も圧し掛かってきます。 その為、なかなか建築に踏み切れない事もあるものですが、そこで一つの選択肢として考えてみたいのが賃貸併用住宅です。 賃貸併用住宅は住宅の一部を賃貸として貸し出す住居形態の事ですが、賃貸として貸し出す事によって家賃収入を得る事ができます。 そして家賃収入がある事によって住宅ローンの支払いを楽にする事ができますので、それによって精神的な負担も軽くなります。 また、住宅ローンを完済する事によって収支をプラスにする事ができますので、老後の為にと賃貸併用住宅を建築される方も増えています。 もし、入居者がいなくなり、それを区切りに賃貸住宅を止めたいという時には通常の家として利用する事ができますし、それによって二世帯住宅として家族と暮らす事も可能になります。 ただ、賃貸併用住宅には良いところばかりではありません。 いくつかのデメリットも存在していますが、まずデメリットとして挙げられるのが賃貸併用住宅を建てた場合でも、常に入居者が入っている状態にならないケースもあるという事です。 入居者がいなければ当然の事ながら家賃収入を得る事ができませんし、ただの無駄なスペースにもなり兼ねません。 その為、建築する際には入居者が集まるような魅力的な建物を作る事が大切になります。 他にも音の問題もデメリットとして挙げられます。 やはり同じ建物で生活する以上、よほどの防音性能を備えていない限りある程度の音漏れが発生してしまう事があります。 音の問題というのは大きなストレスになってしまう事も少なくありませんので、建築する際には音に対しての対応策もしっかりと考えて建築する事が大切になります。

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社