賃貸併用住宅の会社・情報を比較コラム

賃貸併用住宅のデメリットまとめ

2019.06.10

住宅建築の際に発生する悩みの一つとして、住宅ローンが挙げられます。住宅ローンを支払う為には大きな負担が掛かるという事もあり、住宅建築の際の悩みになってしまう事があるのです。

そういった時には、賃貸併用住宅を建てて対策するという手があります。住宅併用住宅ですと、家賃による収入が発生しますので、それによって住宅ローンの支払いを楽にする事ができるのです。

もちろん完済後は収入になりますので、老後に収入を得たいという時にもうってつけの方法です。それが賃貸併用住宅の最も大きなメリットとも言えるのですが、賃貸併用住宅にはメリットだけではありません。

もちろんデメリットもある訳ですが、それは以下です。

コスト

賃貸併用住宅のデメリットとして大きいのは、賃貸部分を建てる分、費用が高くなるということがあげられます。賃貸部分を大きくすればするほど、建築コストも上がります。

居住スペースを狭くすればトータルコストは一定のままにできるかもしれませんが、居住スペースよりも賃貸スペースのほうが設備も広さも立派、ということになりかねません。賃貸併用住宅では、居住スペースと賃貸スペースのバランスが、コスト的にも綱引き状態になってしまうのです。

コストの増加にともない借入リスクも大きくなります。当然の事ながら、自宅のみの建築よりもコストが掛かりますので、それに伴い大きな負債を抱える事にもなり兼ねないのです。さらに住宅ローンが完了したあとも、賃借人が引き続き住み続けた場合には、賃貸スペースは自由にはなりません。

騒音

賃貸併用住宅の場合、オーナーと入居者が同物件で暮らす事になりますので、それによって一般的な賃貸物件のように音の悩みを抱えてしまう事があります。音は特にストレスになり易い要素となっていますので、賃貸併用住宅を建築する際には気になる部分でしょう。

騒音問題というのは、人によって感じ方が異なるため、気にならない人もいれば、ちょっとした音でも気になってしまうという人もいるのでとても難しい問題です。

深夜、大騒ぎをしていたり、オーディオを大音量で聴いている場合などは迷惑ということがはっきりしているので注意もできるのですが、洗濯機や掃除機の音などの生活音については、どの家でも出るものなので注意もしにくいのです。

入居者は、家賃を払って住んでいると言うお客感覚が強くなっている傾向にあるので、注意によって退去に繋がったりトラブルに発展してしまうケースも考えられます。

ただ、建築する際に生活動線を離すように設計してもらったり、基礎的な遮音性を高めて建築して対策するという事もできますので、建築方法次第ではこのデメリットを避けることができます。

また、騒音問題にも真剣に対処してもらえる賃貸管理会社に管理を依頼するのもひとつの手です。賃貸併用住宅を計画する段階で、トラブルを回避する方法と経費を考えておくと安心できるでしょう。

空室リスク

他に入居者を入れることができないという点もデメリットとして挙げられます。一般的な賃貸物件の中にも、空室が多い物件は少なくありませんが、それと同じように空室状態になってしまう恐れがあるのです。

賃貸併用住宅を建設する場合は、家賃収入を基に住宅ローンを組んだり、将来のための生活資金にしたり、戸建住宅を賃貸物件として貸すことでお金を得るために、入居者が入居してくれないと収入は入ってくることはありません。

入居者募集期間中には、家賃収入が入って来ない事になりますし、家賃はワンルームよりも高くなるので、空室状態の家賃リスクは大きいといえるでしょう。そういった状態にならない為にも、付加価値のある物件を建築する事が大切です。

最近は、経済状況の悪化で、賃貸物件の空室率が全国的に増加しているため、思ったように家賃収入が得られないこともあるようです。ですから、空室リスクを軽減するためには、空室対策を行ったり、サブリースを利用するなどの対処法を取り入れる必要があります。

例えばデザイン性が高かったり、システムキッチンが入っているなど、魅力のある物件にする事で空室状態を回避しやすくなります。一度建築してしまうとリフォームを行い入居者が集まり易くするという事はなかなかできませんので、建築する際に入念に打ち合わせを行う事が重要になります。

トラブル

賃貸併用住宅に入居者が入った後のデメリットは入居者とのトラブルがあります。

返済負担をしている入居者が快適な生活を送ることができるように最大限環境に配慮することが大切で、これを怠ってしまうとトラブルが発生してしまうことがあります。

トラブルの中で一番多いとされているのはゴミ出しのトラブルで、出す場所や日時が分かっていても集積所の使い方が汚かったり、収集日の前にゴミを出してしまって猫やカラスなどに荒らされるなどして、近所の住民を巻き込んだトラブルが発生することがあります。これを防ぐためには仲介者として賃貸管理会社に依頼する方法などがあります。

賃貸併用住宅の建築業者は比較しよう

賃貸併用住宅の建築業者はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、建築費用や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、賃貸併用住宅の建築会社はしっかりと比較検討しましょう。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

賃貸併用住宅の会社・情報を比較のメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社