あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用のメリットとデメリットと火災保険について

2014.05.16

賃貸併用住宅は一戸建て住宅の中の1区画を賃貸物件として貸し出して、家賃収入を得るという方法ですが、火災保険に関しては借主が個別に加入する必要があるので、必ず加入するように勧める必要があります。賃貸併用住宅における火災の中で借主の過失による火災も数多く報告されているので、火災保険への加入を義務付ける契約書を作成しておくことが重要です。賃貸併用住宅において借主の過失による瑕疵に関しては修繕費を全額負担させる必要があるので、額が大きくなる場合などは借主の負担になるので事前に火災保険に加入することによって双方が住みやすい住宅にすることができます。賃貸併用住宅の最大のメリットは家賃収入で、都市部に家を持っている場合には長期的に安定した経営をすることが出来ます。また管理会社によっては満室保証システムなどが用意されているので、住宅ローンの負担を確実に減らすことができます。賃貸併用住宅を経営する上での最大のリスク要因は長期間の空室による損失で、計画した段階では満室での経営を予定したにもかかわらず入居者が思うように入らずにローンの負担が増えてしまうということがあります。これを防ぐためには事前に付近の賃貸住宅の市場を調査して適切な家賃設定をすることが需要で、入居者のニーズをしっかりと把握して賃貸併用住宅を経営する必要があります。また賃貸併用住宅に入居者が入った後のデメリットは入居者とのトラブルがあり、返済負担をしている入居者が快適な生活を送ることができるように最大限環境に配慮することが大切で、これを怠ってしまうとトラブルが発生してしまうことがあります。トラブルの中で一番多いとされているのはゴミ出しのトラブルで、出す場所や日時が分かっていても集積所の使い方が汚かったり、収集日の前にゴミを出してしまって猫やカラスなどに荒らされるなどして、近所の住民を巻き込んだトラブルが発生することがあります。これを防ぐためには仲介者として賃貸管理会社に依頼する方法などがあります。

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社