土地活用の業者・情報コラムコラム

ガレージハウスでの投資のメリットを解説します

2019.12.12

土地活用として賃貸住宅の建設を考えるなら、ガレージハウス賃貸はおすすめの投資方法です。

ガレージハウスとは

ガレージハウスとは、ガレージが住宅の中にあるような家のことです。よくあるのが1階がビルトインガレージ、2階が居室となっている住宅。車やバイク、ロードレース、ウインドサーフィン、ジェットスキーなどの、趣味を大事にしている人たちから高いニーズがあります。

このようなガレージハウスを建設して賃貸物件として貸し出すことで、通常の賃貸住宅や戸建賃貸を建築するよりも利益を得られる可能性があります。ここでは、ガレージハウスが投資方法として優れている理由と、ガレージハウスを投資として利用する時のポイントを紹介します。

ガレージハウスの投資としてのメリット

ターゲットが明確

まず、ガレージハウスを投資として利用する際のメリットとしては、ターゲットが明確であるということがいえます。ガレージハウスを借りたいと思う人とは、車やバイク、ジェットスキーなど、自分の趣味をとても大事にされている方が多いです。

このようなターゲットの方は、ある程度趣味などにお金をかけることができる方ですので、所得の高い方が多いです。このような高所得で趣味にもお金をかける方がターゲットですので、宣伝などを行うときに狙いやすいというのがメリットといえます。

高級車を購入する高収入の方であれば、自分で住宅を購入することが多いですが、ガレージハウスの賃貸をする人というのは、この人たちとは若干異なります。ある程度高収入ではありますが、経営者のように大きな収入を得ているというわけでもない可能性があります。このようにターゲットを明確であるのが、ガレージハウス投資での魅力なのです。

需要と供給のギャップがある

上記のようなターゲットを狙うことになりますが、このような方たちは意外にもとても多いです。また、都会では駐車場代が高いこともあり、ガレージハウスにすることでその費用を抑えられることから、需要が高いです。

このように賃貸ガレージハウスの需要は大きいのですが、その需要に対してガレージハウスの賃貸物件はその数がまだまだ少なく、需要に供給が追いついていない状態です。投資を考えるときには、需要が大きくて供給が追い付いていないものというのは、価値があります。

車やバイクをメンテナンスしたり改造するような趣味は男性の方が多いですが、男性は女性と比べて所得が高い傾向もあるので、賃貸をしてもらうターゲットとしては良いのです。また、都会で車を持っている家族連れというのも、ガレージハウスの賃貸物件のターゲットとなりますが、家族連れですので共働きの可能性もあり、ある程度高い賃料でも借りる可能性があります。

さらには、札幌などの雪が多い地域においては、ビルトインガレージの需要は大きいです。以下のサイトの調査データでも、人気の間取りの2位にガレージハウスが入っています。つまり日本の多くの地域で賃貸ガレージハウスの需要はあるということになります。

札幌・仙台・広島・福岡の街 ~満足度の高い間取りランキング ベスト10~

このように賃貸ガレージハウスは需要が大きいだけでなく、ターゲット収入が大きく、ターゲットの幅も広いというメリットがあるのです。

空き室の心配がない

上で説明をしたように、ガレージハウスというのは、供給が追いついていないのが現状であり、着工前から入居希望者が殺到することもまれではありません。つまり、空き室の心配がなく、ガレージハウスは土地活用方法として非常に有効なのです。投資として損をする可能性が少ないのです。

またガレージハウスは、通常の賃貸物件であれば不利になるような立地に建てるのにも向いています。駅から遠い、徒歩圏内に商業施設がないなど、賃貸住宅で土地活用をするには不利と思える場所であっても大丈夫です。

そもそも車やバイクでの移動が前提なので、駅近でなくても部屋は埋まります。交通の不便な場所での土地活用、またそうした場所に立っている集合住宅の空き室対策などにもガレージハウスは有効なのです。

このような立地だと競合の物件も少ないため、他の賃貸住宅との差別化も図れます。付加価値によって高めの賃料を設定することも可能になるのです。つまり投資としての将来の収益が見込めそうです。

ガレージハウスを探しているような人は、物件が気に入れば長く住んでもらうことが多いですので、経営の安定化が図れます。また、共通の価値観を持った人たちが集まるので、コミュニティが自然と形成されることもあり、入居者同士のトラブルの心配もないのです。

ガレージハウスは、投資物件としてはとても良いということがわかっていただけたかと思います。

ガレージハウスの投資としてのデメリット

居住スペースが狭くなる

建築基準法では、指定容積率を上回る延べ床面積の建物を建ててはいけないということになっています。

ガレージハウスの場合には、容積率の緩和規定がありますので、延べ床面積の1/5を上限に車庫を除外することができますが、それ以上の面積がある場合には容積率の計算に含まれてしまいます。

ガレージハウスのなかに大きなガレージを作る場合には、居住スペースが狭くなります。その分、借り手が付きにくくなる可能性があります。また、50㎡を超えるガレージの場合には、住宅部分と防火区画する必要が出てきます。

建築費が高額になる

ガレージハウスというのは、家のなかにガレージを作ることになるので、設計に制限があります。また、強度や耐久性に関しても制限が出てきます。

木材で建築するのが難しいことが多く、その場合にはコンクリートや鉄骨を利用しなくてはなりません。その分コストが高くなりますし、ガレージの部材なども必要になるので費用がかかる傾向にあります。

投資として考えたときには、その費用を回収するのに通常の戸建物件よりも時間がかかる可能性があります。ガレージがある分、家賃を上げることもできますので、回収は通常の家よりも早くなることもあります。

土地活用を相談する会社は一括査定で比較

土地活用の相談をできる会社はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、提案内容や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、土地活用会社はしっかりと比較検討しましょう。また、土地活用の専門家でもあるので、ノウハウをたくさん持っています。地場や法律などの情報にも詳しいので、まずは相談するのがおすすめです。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

土地活用の業者・情報コラムのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社