あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

アパート建築で成功する業者選び比較サイトコラム

アパート建築と消費税の関係と増税について

2014.05.09

消費税の課税の対象

アパート建築をおこなってアパート経営を事業としておこなうという場合は、消費税のことを考慮する必要があります。 消費税の課税の対象となるのは国内において事業としておこなわれた資産の譲渡等です。 資産の譲渡等とは事業として対価を得ておこなわれた資産の譲渡、貸し付けならびに役務の提供のことを意味します。 この場合の資産の貸し付けには資産に係る権利の設定その他、他のものに資産を使用させる一切の行為を含みます。

消費税の対象外

ですからアパート建築をおこなって事業を開始するという場合であっても、国内でおこなわれていないものや、 その資産の貸し付けの対価が支払われていないという場合には消費税は課せられないということになります。

非課税資産の譲渡等に該当

またアパート建築をしてアパート経営の事業を行なうといううえで知っておかなければならない知識として、 上記のような国内で事業者が資産の譲渡等としておこなったアパートの貸し付けの全てに消費税が課せられるとは限らないことがあげられます。 事業としておこなうアパートの貸し付けのうち、人の居住の用に供されることが、 契約で明記されているものは法律上、非課税資産の譲渡等に該当し消費税は課せられません。

アパートの一室を事業として使用することが明記されている場合

ですが契約でアパートの一室を事業として使用することが明記されている場合は、そのアパートの貸し付けには消費税が課せられます。 そのような場合、アパート建築にかかった費用のうち課税仕入れに該当するものはは各年の税額の計算上、 課税仕入れに係る消費税額として一定の金額が課税標準額に対する消費税額から控除されます。

アパート建築を増税前におこなった場合は課税仕入れの計算

そのようなアパート建築を増税前におこなった場合は課税仕入れの計算をおこなうことができます。 消費税増税前の平成25年9月30日までに建築会社とアパート建築の契約をしたものでそのアパートの完成引渡しが平成26年4月1日以後におこなわれるものについては、 そのアパート建築にかかる課税仕入れの金額は増税後の税率に基づく108分の6.3パーセントではなく、増税前の105分の4を乗じて計算をすることができるので注意が必要です。

アパート建築で成功する業者選び比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社