アパート建築の会社・情報コラムコラム

新しくアパート建築をする際の賃料の設定方法

2019.01.09

遊休土地を持っており土地活用をしようと考えた場合、アパート建築をすることが多くなります。このような投資を経験したことがあれば別ですが、全く初めてという場合は建築費などを不動産会社に相談しながら決定していくことになります。

アパート建築では賃料を考えよう

この場合、アパート建築費における賃料を考えなくてはなりません。

アパートも数世帯の小規模なものから、高層階の大規模なものまでいろいろとあります。建物の種類によってアパート建築費用も変わってきますが、最終的に賃料を決定し、その数字から逆算した坪当たり単価を建築費用と比べることで、アパート建築における事業計画が決まるのです。

アパート建築に限らず、どのような建物であっても大規模になるほど建設費用の坪単価は下がっていきます。そのため、土地の面積に応じた最大限の建物を建てることが一番効率がいいアパート建築といえます。そして部屋数も多くしたほうが多くの人に入居してもらえるので、収入も大きくなります。

ただし、あまりにひと部屋を狭くして部屋数を多くすると、入居者に息苦しいイメージを持たれることから、ある程度の余裕は必要です。そして、大きな建物を建てるとその分建築費もかかってしまうので注意が必要です。

需要と賃料の関係

次に問題になるのが需要の有無であり、入居見込みがないのにむやみに大きな建物を建ててしまうと、空室が多くなり損失を被ることになります。特に、アパート経営では新築時が一番賃料設定を強気にできる時期ですから、新築時に空室が目立つようだと後々の事業計画に暗い影を落とすことになります。

空室のまま年月が経つにつれて、入居者側が強気になり賃料の値下げを要求するようになってくることもあるのです。

このようなことを防ぐためにも、アパート建築の計画段階で建築段階で坪単価をどう設定するかということは非常に大切になるのです。

坪単価を高く設定すれば入居者の喜ぶアパート建築ができますが、設定する賃料が高くなり空室リスクが上がります。逆に、坪単価を低くすれば賃料設定は安くできますが、部屋の質が落ち敬遠されてしまいます。

両者のバランスをどう取るかが、アパート建築の一番難しいポイントなのです。

アパート建築業者は比較しよう

アパート建築業者はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、建築費用や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、アパート建築会社はしっかりと比較検討しましょう。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

アパート建築の会社・情報コラムのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社