土地活用の業者・情報を比較コラム

土地活用のリスクと、リスクの少ない土地活用法を紹介!

2019.02.27

土地活用はリスクに注意

土地活用をすれば、安定して賃料収入を得られると言われることが多いのですが、常にリスクにさらされていることは頭に入れておかなければなりません。これを忘れてレバレッジの高い投資をすると、少しの環境変化で破綻してしまう可能性もありますから注意しなければならないのです。

空室リスク

もっとも大きなリスクとして認識しておかなければならないのが空室リスクです。これはダイレクトに賃料収入に影響してきますから、もっとも恐ろしいものだと考えておくべきでしょう。

滞納リスク

また、滞納することも考えられます。賃料収入を得ることができなくなることもありますから、これがもっとも恐ろしいものですが、ヘッジする方法もあります。例えばサブリースなどを活用すれば、空室や滞納が生じても賃料収入を得ることができますから、土地活用の方法としては適していると考えられます。

市場動向リスク

土地活用をするときにはローンで資金調達をすることが多いでしょう。最近ではアパートローンなどのローン商品が充実していますから、これらを活用すれば個人でも比較的簡単に借りることができます。ローンを利用すれば返済をするとともに利息を支払っていかなければなりません。

利息は金利によって計算されるのですが、多くのローンでは変動金利を採用しているようです。変動金利の場合、市場動向によっては金利が上昇する可能性もあります。

これが金利上昇リスクで、そうなると利払い金額が大きくなって、キャッシュフローに負担を与える事になります。土地活用でローンを組むときには、金利上昇リスクについて認識しておかなければならないのです。ヘッジするためには固定金利で借りるというのが妥当な方法です。

自然災害リスク

そのほかにも、自然災害などによってもリスクがあります。土地活用のために資金を費やして建物を建てたとしても、災害によって失ってしまう可能性はあるでしょう。このようなリスクをヘッジするためには、火災保険や次子保険などを活用するのが良い方法だと考えられます。

リスクの少ない土地活用方法は?

土地活用というくらいですので、元々持っている土地を使う行為であり、土地を購入してから活用するよりもまだリスクは少なくなるのですが、それでもゼロというわけにはいきません。ここでは、なるべくリスクの低い方法を紹介したいと思います。

駐車場経営

基本的に、土地活用にかかる費用が少なければ少ないほど、リスクは少なくなるのです。そして、一番リスクが少ないのは、駐車場の経営になります。

駐車場の経営はさほど税金面でのメリットが多くないのですが、とにかく費用が少ないのがメリットです。きちんと土地を舗装している駐車場もありますが、土地があまりひどい状態でなければ特に工事にお金をかけることなくすぐに経営ができるのです。

月極め駐車場の場合でしたらゲートなどを設置する必要もありませんし、またスタッフなども雇う必要もありません。必要なのは看板くらいになります。そして車庫証明の証明書を発行するときには手数料をもらうこともできるのです。住居などではありませんので一台あたりで徴収できる料金はそう多くありませんが、少なくとも税金対策と同時にお小遣い稼ぎにはなります。

修繕をしなければいけない部分などもそうありませんし、かなりいい経営になるのです。

アパートの一括借り上げ

次に駐車場経営以外でも、多くの収益を得てさらにリスクを少なくする方法を考えます。例えばアパートやハイツの経営の場合でしたら、一括借り上げのサービスを利用するという方法もあります。こちらはリスクを少なく出来る経営方法です。

一括借り上げですので空室も借りてもらえます。そして、修繕などもしてもらえるのです。しかし収益は若干少なくなりますが、家賃の一割から二割、そして礼金などを徴収されてしまいます。どのような経営方法でも多少はリスクがあると思っておいてください。

土地活用を相談する会社はしっかりと比較しよう

土地活用の相談をできる会社はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、提案内容や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、土地活用会社はしっかりと比較検討しましょう。また、土地活用の専門家でもあるので、ノウハウをたくさん持っています。地場や法律などの情報にも詳しいので、まずは相談するのがおすすめです。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

土地活用の業者・情報を比較のメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社