アパート・マンション賃貸経営会社の比較情報まとめコラム

賃貸経営における空室対策をまとめてみた

2019.04.04

賃貸経営をするのであれば空室対策といったことが大きな課題となっていきます。これが出来れば賃貸経営は安定した収入源となっていくでしょう。

せっかくの物件も空室が多いのでは、なかなか収入になっていかないのです。そして、空室対策というのはいろいろとあるといったことも覚えておいた方がいいでしょう。

最もよくないのは、何もしないことです。物件は放っておいては老朽化していきますから、さまざまな空室対策をしていくことが安定した賃貸経営につながっていくことになります。

空室対策1.リフォーム

まずは、リフォームといったことが考えられます。これも出来れば安く済ませることがコツとなります。そのため、成功をしている賃貸経営者の多くは自分でこの技術を習得して、自分でリフォームをするといったようなことをしている人も多くいます。

リフォームをして物件がきれいになったことで、空室率が劇的に改善をしたという例は数多くあります。清潔感のある物件というのは、やはり人気が出てくるのです。

リフォームは難しいということはありません。中には部屋の掃除の仕事をしていた人が、そのままリフォームの技術を身につけて賃貸経営を成功させたという人もいます。やろうと思えばできるといってもよいでしょう。

空室対策2.賃料を下げる

さらには、賃料を下げるといったことも空室率を上げる方法としてはかなり効果的です。大雑把な話をすれば、賃料を下げれば、どんな物件も空室率は改善できるといってもいいでしょう。

先にも述べたように空室があるということは、それだけもったいないことですから、賃料を下げてでも空室率は改善させるようにするといったようなことは検討をしていくべきことになっていきます。

空室対策3.メンテナンス

そして、物件のメンテナンスといったことも大切な検討事項になっていきます。管理会社といったようなものも、しっかりと仕事をしてくれているか検討をすべきです。日々の清掃といったようなものがしっかりと行われているかどうかといったようなことは定期的にチェックをしておくべきでしょう。

空室対策4.一括借り上げ

賃貸経営を成功させるためには、入居者を確保し、入居後の滞納トラブルなどを回避する事が不可欠です。近年では、賃貸経営をサポートしてくれる専門業者も数多くあり、入居希望者が最適な物件を検索できるオンライン上のシステムなども整備して、空室の対策を行っています。

そして、このような専門的なサービスでは、様々な手法を用いて空室のリスクを低下させ、賃貸経営を行うオーナーの方をサポートしているのです。

その一つとして、一括借上のシステムがあり、入居者の退去などでも空室のリスクを負わずに賃貸経営が継続できるサービスを提供しています。

これは賃貸経営者側にとっては、非常に安心して経営に専念出来るシステムで、空室のリスクをなくして経営が出来るので、安定した収益が確保できるようになります。

この借上のシステムでは、物件の需要に応じて定期的に賃貸料の見直しなども行っているので、継続して効率良く収入を得る事が出来るようになっています。このサービスを利用する事で、入居者に関するトラブルの解決や、家賃滞納や未納の心配もなくなるので、賃貸経営の管理業務を円滑に行えるようになるのです。

空室対策5.条件の緩和

また、このような専門的なサービスでは、空室の問題を回避する為に、常時募集条件の緩和などを行って、対策を立ててもらうことができます。具体的には、空室が目立つ物件に、ペット飼育を許可したり、高齢者の入居を許可したりなど、入居の基準を緩和させることで、より需要の高い物件になるように計画をたててもらう事が出来るのです。

場合によっては、敷金や礼金などの負担を低減したり、更新料などを変更したりする事で、入居者を確保しています。そして、このような専門的なサービスでは、部屋の間取や設備を変更して、より魅力的な物件を作っています。この部屋の間取りの変更は、空室対策には重要なポイントで、間取や設備を新たなものに変えることで、集客率の高い物件としているのです。

依頼する会社はしっかりと比較しよう

不動産会社や建築会社はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、建築費用や管理の強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、不動産会社や建築会社はしっかりと比較検討しましょう。また、こういった会社はノウハウをたくさん持っています。地場や法律などの情報にも詳しいので、まずは相談するのがおすすめです。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、いろんな会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

アパート・マンション賃貸経営会社の比較情報まとめのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社