あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

アパートマンション賃貸経営の比較サイトコラム

賃貸経営をする前に収支計算を作成

2014.09.30

賃貸経営は、長期的な経営になるので事業を成功させるためにも「収支計算」をしておく必要があります。
収支計算を作成することで、長期の損得の見通しや年間の収益の状態の確認などが出来ます。

賃貸経営の収支計算は、収入と支出のお金の流れを一覧にしてまとめたもので、賃貸経営の計画の基本になり、これを見ることで、黒字か赤字なのかわかります。
収入から支出を差し引いて、収入が多ければ黒字になっていることがわかります。

収支計算するときには、金額などを計算ソフトなどに入力してシミュレーションを作成していきますが、その時に主な収入源になる家賃の収入をどこまで見込んでいくかで、全体の損益バランスが変わってきます。
家賃収入の基本となる入居率をどう捉えるかどうかで、収支計算が違ってくるわけです。
ただ、入居率の予測が難しくなっていて、損益計算などの予想もしにくくなっています。

収支を決めるのは入居率で、入居率が満室なら問題はありませんが、退去者が出てきた場合空室状態が出てきます。
空室状態の割合も、収支を計算していくうえでどのぐらいの設定しておくかで違ってきます。
予測どおり、入居率が高ければ経営は安定しますが、もし低かった場合誤差が生じてきて、経営難になります。
安定した経営を続けるためには、高い入居率をいかに維持できるかどうかです。

そのため、賃貸経営では長期の計画を立てていくときに、空室率をどのぐらい見込んで事業のプランを立てていくかが重要になります。
例えば、まだ新築の時は満室の入居率で、ある程度年月が経過してからは少しずつ入居率が落ちていくと見込んでおくと、収益の予測もしやすくなってきます。
賃貸経営では収支計算が将来の展望が集約しています。
事業を開始する前に、念入りに何度も納得がいくまで確認しておきましょう。
もし、万一予測外のことが起こったとしても、念入りに計画をたてておけば、最小限に抑えることも出来ますし、対応策も立てやすくなります。

アパートマンション賃貸経営の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

人気のあるコラム記事


Fatal error: Uncaught exception 'Google_Service_Exception' with message 'Error calling GET https://www.googleapis.com/analytics/v3/data/ga?ids=ga%3A84100694&start-date=31daysAgo&end-date=yesterday&metrics=ga%3Apageviews&dimensions=ga%3ApagePath&sort=-ga%3Apageviews&max-results=5&filters=ga%3ApagePath%3D%7E%5E%5C%2Fcolumn%5C%2F%5B0-9A-z%5D%2B%5C%2F%24: (403) User does not have sufficient permissions for this profile.' in /home/career/tateel.jp/public_html/wp/wp-content/themes/tateel/Google/Http/REST.php:110 Stack trace: #0 /home/career/tateel.jp/public_html/wp/wp-content/themes/tateel/Google/Http/REST.php(62): Google_Http_REST::decodeHttpResponse(Object(Google_Http_Request), Object(Google_Client)) #1 [internal function]: Google_Http_REST::doExecute(Object(Google_Client), Object(Google_Http_Request)) #2 /home/career/tateel.jp/public_html/wp/wp-content/themes/tateel/Google/Task/Runner.php(174): call_user_func_array(Array, Array) #3 /home/career/tateel.jp/public_html/wp/wp-content/themes/tateel/Google/Http/REST.php(46): Googl in /home/career/tateel.jp/public_html/wp/wp-content/themes/tateel/Google/Http/REST.php on line 110