アパート建築の会社・情報を比較コラム

プレハブ建築の賃貸アパートのメリットとデメリットまとめ

2019.07.17

アパート建築で利用されるプレハブ建築

賃貸アパート建築でよく利用されているのはプレハブ建築です。プレハブ建築とは、従来の建築方法に比べて、より多くの部分に「プレファブリケーション」という手法を利用して建築する手法のことです。

これは、あらかじめ部材を工場で生産・加工して、建築現場で加工などを行わず組み立てる建築のことをいいます。

それでは、プレハブ建築にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

プレハブ賃貸アパートのメリット

メリット1.費用を抑えられる

プレハブですと、短期間での建築が可能になります。それにより、人件費があまりかからないのです。建物の建築費用には人件費が大きく影響します。その費用を下げることで建物全体の費用を抑えることができるのです。

プレハブでは、大量生産をするために部材の数を減らしたり、建築資材そのものもローコストですので、賃貸アパート建築にかかるイニシャルコストをかなり軽減することができます。

不動産投資で、なるべく早く収益化したいという方にもおすすめの方法です。

メリット2.品質が一定

プレハブ住宅は木造のものもありますが、多くは鉄骨で作ります。木造建築や注文住宅では職人さんの技術によるところが大きく、木材の反りなど素材の状態や変化にも影響を受けます。プレハブ住宅では、素材自体の影響を受ける可能性が低いといえます。

プレハブの素材やパーツなどは、大手建築メーカーが開発したものを工務店が利用していたりするので、品質において劣るということもありません。

また、部材を組み立てるときにもボルトやネジなど、職人の技術による影響を受けづらく、品質を一定に保つことができます。建築後に不良施工に気づくことや、木材によって変形する、などというトラブルは少ないといえるでしょう。

メリット3.住みやすいインテリアが可能に

プレハブ住宅は、工場で作った部品を組み立てて作ります。組み立てやすいように作るため、プレハブ住宅のデザインや内装はとてもシンプルになります。シンプルかつ機能的なインテリアになります。

そして、柱などを使わない方法で建築できますので、部屋を広く作ることもできます。プレハブ建築というと安物っぽい建築というイメージがあるかも知れませんが、最近ではそうでもありません。

多くのパーツやモジュールから、自分の好みで選ぶことができますし、かなりおしゃれな賃貸アパート建築も可能になっています。プレハブでは、今の若い方の需要にかなった賃貸アパート建築ができ、空室に困らされる可能性も低くすることができるのです。

プレハブ賃貸アパート建築のデメリット

デメリット1.強度が低い

プレハブの賃貸アパート建築には、メリットの他にもデメリットもあるので注意が必要です。ひとつめのデメリットとしては、プレハブは一般的に軽量鉄骨によって作られており、強度が鉄筋コンクリートや重量鉄骨造りに比べて劣ります。これは軽量鉄骨を使っていることや、柱などを使わないから起こります。

そのために、耐久性が他の建築方法に比べると低くなったり、大きすぎる賃貸アパート建築では耐久性が下がってしまうのです。

ただ、現在では耐震基準に沿って作られていますので、耐震性が低いとは限りません。

デメリット2.騒音

プレハブ住宅では、騒音の問題が起こりやすくなります。プレハブ住宅は、壁の厚さが薄い軽量鉄骨造りであり、物音などが響きやすくなります。地盤調査や杭打ちなどをしっかりと行わないと、車が通った地面の振動なども伝わる可能性がありますので注意が必要です。

ただし、現在では防音のプレハブアパートなども多く、騒音の問題を解決できる状態です。

デメリット3.熱の遮断性が低い

また、軽量鉄骨であることや壁の厚さにより、熱の遮断性が低くなりがちで、夏は暑く冬は寒くなりがちというデメリットもあります。しかし最近では、遮断性の高いプレハブアパートなども登場しています。

プレハブ賃貸アパートの需要

新築の物件の場合は、プレハブであってもかなり人気ですし、空室で困る事は少ないです。プレハブで建築をしてもらう場合には、アパート建築の専門の業者で建築してもらうようにしてください。

プレハブには色々なデザインのアパートがあるので、入居者のターゲットとなる年代の方が好むデザインを選ぶことができます。幅広いデザインのなかから選ぶことができるので、建築する場所や時代に合わせてアパートを建てることができます。

さらに、ローコストでリスクが少ない事からも投資の手段として利用できることもあり、今アパート建築の方法の中で注目されています。

賃貸アパート建築業者は比較しよう

アパート建築業者はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、建築費用や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、アパート建築会社はしっかりと比較検討しましょう。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

アパート建築の会社・情報を比較のメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社