あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

アパート建築で成功する業者選び比較サイトコラム

軽量鉄骨アパートのメリットとデメリット-坪単価と耐用年数の関係

2014.05.09

軽量鉄骨アパートのメリットは

軽量鉄骨アパートのメリットは木造アパートと比較して耐震性、耐火性に優れており、建設費用は木造よりも僅かに高い程度であることです。軽量鉄骨アパートの建設工法は、あらかじめ工場で鉄骨を製造して現場で組み立てる事ができるので、短期間に建設する事が可能になります。軽量鉄骨アパートと鉄筋コンクリート(RC)アパートを比較すると、耐久性、耐火性は劣りますが建設費用を抑える事ができ(坪単価にしてRCの7割かそれ以下)、その分家賃を低く抑えることができます。軽量鉄骨アパートの建設費用ですが、大手ハウスメーカーでは坪単価でおおむね55万円以上で、仮に坪単価が55万円のアパートを建設したとすれば家賃は月4~5万円程度以上となります。このため交通の不便な場所に建設したとしても家賃を安めに設定できる分、入居率を高くすることができます。

軽量鉄骨アパートのデメリットは

軽量鉄骨アパートは建設費用を安く抑えることが出来る反面、耐用年数が30年弱程度と鉄筋コンクリート造のアパートよりも短いというデメリットがあります。このため家族向けなど長期間の賃貸物件には不向きであり、むしろ学生や単身者向けのワンルームアパートなどによく用いられています。

軽量鉄骨アパートは入居者を集めやすい

言いかえると、軽量鉄骨アパートは建設費用が安いので初期投資分を短期間で取り戻すことができ、比較的短い期間で建て替えが可能であることから常に築年数の浅い物件として入居者を集めやすいというメリットがあります。

軽量鉄骨アパートは収益率が高い

特に最近の学生アパートは集中インターホン、オートロック、電磁調理器、シャワートイレなどの最新の設備の整った新しい建物で、かつ親の仕送り負担の関係から家賃の安い物件が好まれる傾向がありますから、長期間使用し続けて築年数の経過した鉄筋コンクリートアパートよりも、低コストかつ短期間で建て替えることができて、しかも家賃を低く設定できる軽量鉄骨アパートの方が入居率を上げるのに有利といえます。このように軽量鉄骨アパートは低コストで建設できるという特性を生かした利用方法を採用する事により、収益率の高いアパート経営が可能になるのです。

アパート建築で成功する業者選び比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社