あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

土地活用で優良業者相談・比較サイトコラム

土地活用の目的は明確にしておこう

2014.08.20

土地活用をする目的は何かと問えば、多くの人は経済的な利益だと答えるでしょう。お金を増やすことだと言っても良いのですが、どれくらい必要なのかと言うことや、いつまでに必要なのかということを把握しておかなければなりません。この辺りを明確にしないまま土地活用を開始しても計画を立てにくくなりますし、物件選びも難しくなります。 具体的な例を挙げて見ます。例えば、現在30歳で、そして老後の資金を確保するために土地活用をしようと考えているとします。この場合には、現在のところはプラスアルファの収入がなくても良く、老後のための資金が確保できれば良いのです。30年後に資産が形成できていれば良いわけですから、30年後には購入した土地を売却するか、あるいはそのまま保有し続けるかの選択をしなければなりません。 ですから、例えばローンは30年で組むということを前提とするべきでしょう。そして、収支計画についても、30年間維持することを前提として考えれば良いのです。築20年の物件を購入するか、あるいは新築物件を購入するのかによってどれくらいの費用がかかるのかは変わってくるのですが、どちらの場合であっても30年間存在し続ければ良いと考えれば計画は立てやすいです。 土地活用の目的が明確でない場合には、購入してもいつまで保有し続けなければならないのかが分からなくなります。建物がある限りはずっと保有し続ける事は難しいでしょう。古くなれば建物を維持するための費用もかなり高くなるのですから、費用はかかり続けるのです。ですから、どこかで建物を建て替えるか、あるいは土地ごと売却してしまうかのどちらかの選択はいずれ必要となります。 土地活用は永遠にできるというものではないという点には注意しておかなければなりません。ですから、投資期間を決定することは必要です。期間はそれぞれのライフスタイルによって異なってくるでしょうから、どのような目的で土地活用するのかを最初に決める事が必要なのです。

土地活用で優良業者相談・比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社