アパート・マンション賃貸経営会社の比較情報まとめコラム

賃貸経営の収入としてのメリットと税金対策効果

2019.06.08

「賃貸経営」とは、アパートや戸建ての住宅、マンションなどを賃貸用に建設して、それを貸し出して賃料を得るというビジネスの形態です。

賃貸経営は魅力的な収入源

堅実な計画をもとに建てられた賃貸住宅は、長期の賃貸物件としての賃貸経営が行え、月々の賃貸収入は将来の豊かな老後を保守するための私的な年金としても魅力的な収入源となります。

また、賃貸経営は他の事業のように、専門的な知識や経営のためのノウハウをそれほど必要としませんし、信頼のおける管理会社と契約することによって、経営上の管理や事務作業に追われることもありません。

金融機関の低金利が続く昨今、今後の預貯金の利息はほとんど収入源としての期待は持てない状況でしょう。一方、大事な資金を有効活用してリスクが少ない運用をするために、賃貸経営はうってつけのビジネスといえるでしょう。

顧客ニーズに応えられる建物を建築して、的確な家賃設定など計画的な経営で得られる収入は、預貯金の金利収入を大きく上回ることになります。

賃貸経営は固定資産税対策に

また、固定資産税は土地、建物を所有している限り毎年かかってくる税金です。もし、これらが市街化区域内にあれば、都市計画税も重ねて課税されることになります。

更地の場合、評価額は課税標準額とそのままかかりますが、賃貸住宅などの建物を建てると住宅用地の課税標準の特例により課税標準額は1/3に、都市計画税は1/2に減額されます。

建物にかかる固定資産税も、新築の賃貸住宅の場合、条件を満たせば3年間住居部分に相当する税額が1/2に軽減されます。

賃貸経営は相続税対策に

今後の子供たちの将来にもかかわる相続税の評価は、原則的には相続開始時期の時価とされています。この時の評価の基準は、財産の種類によって決まります。

土地、建物といった不動産の場合、評価額は一般的には時価より安く、特例によってまた更に低い評価額となることから、現金での相続よりもはるかに有利といえます。

土地は、賃貸住宅を立てて相続すると、土地も建物も税の評価額が低くなります。賃貸住宅を建てることによって相続税のメリットを受けるだけではなく、生前贈与をしておけば賃貸経営の収入を相続したときの相続税の資金として蓄えることもできます。

こちらの記事もおすすめ

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

アパート・マンション賃貸経営会社の比較情報まとめのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社