あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

アパートマンション賃貸経営の比較サイトコラム

賃貸経営で節税するためには経費計上を忘れないこと

2014.09.12

賃貸経営を始めると、入居者からの賃料等の収入がある代わりに、様々な形で必要経費を払わなければならなくなります。この必要経費をきちんと経費計上しておかなければ、賃貸経営で得た収入全てに税金がかかることになり、支払うべき税金の額が多くなってしまい、収益が悪くなることが懸念されます。そのため、賃貸経営を行う上での節税の大きなポイントは、いかに多くの経費計上を行うかにかかっているのです。
勿論、経費計上するためにわざわざ無駄遣いをする必要はありません。賃貸経営を安定して収益の出る経営にするためには、その様な無駄遣いをしているよ余裕はないのですから。多くの経費を計上すると言うのは、税務上認められた経費を、きちんと計上すると言うことです。
賃貸経営を行う上で、税務上必要経費として認められているものは、不動産業者に建物や入居者の管理を任せているのならば、管理委託料があります。また、入居者斡旋のための仲介手数料や契約更新のための手数料を不動産業者に支払っていれば、これも必要経費になります。
建物やそれに付随する設備の減価償却費も必要経費として経費計上することができますし、細かな所では共用部分の水道代や電気代も必要経費です。その他、忘れてはならないのが、賃貸物件を購入したり建設したりした際に利用したローン等の借入金の金利も、必要経費として計上することができると言うことです。ローンは、通常は元利均等返済となっているので、返済を開始した最初の頃は、月々の返済額の内訳をみると、元金よりも金利の方が多くなっていますので、借入額によっては相当な金額になります。従って、これを経費計上すれば、大変大きな節税になります。
また、賃貸物件を建てて年数が経ってくると、その耐用年数を延ばして商品価値を保つために、メインテナンスが必要となってきます。このメインテナンスも、全て必要経費として計上することができます。更に、賃貸物件の場合、そのオーナーが建物に火災保険や地震保険をかけていることが殆どですが、この保険料も必要経費となります。

アパートマンション賃貸経営の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社