アパート建築の会社・情報コラムコラム

アパート建築のローン融資審査では担保が重要です

2019.12.05

アパート建築の融資とは

アパート建築をするときには、多くの場合アパートローンという融資を受けることになります。アパートローンとは、住宅以外の賃貸用のマンション・アパートを建築・購入するときに適用されるローンのことです。

アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、一室だけ購入する場合にも全部の部屋を購入する場合にも利用することができます。アパートローンは、賃貸用の店舗や事務所に対しても利用することができます。

住宅ローンは居住用として利用することもあり、金利がアパートローンよりも低く設定されており、アパートローンは住宅ローンよりも金利が高くなるように設定されています。そして、アパートローンは住宅ローンよりも審査が厳しくなっているというのが特徴です。

アパートローンの審査とは?

アパートローンを受ける場合には審査が必要になります。この審査というのは、借りた融資金を返済してもらえるかということを審査されるとともに、金利などの条件も決定されます。

この審査基準は銀行によって異なるので、その物件の将来性や事業計画への判断によって評価が変わってきます。ですので、銀行によって審査が通らないこともありますし、借入金に対する金利も変わることになります。

アパートローンにおける審査基準は、大きく属性情報と物件情報に分けられます。属性情報とは、借入主の経済的な状況や仕事、信頼性、社会的な背景のことです。そして物件情報とは、物件自体のスペックや立地など、将来の収益性に関することです。

属性情報の審査基準

属性情報では、借主が経済的な情報や信用情報を審査されます。借主の家族構成・職業・年収・資産状況などが審査の基準になります。

土地や物件などの資産が他にもあるのかによっては、住宅ローンがある場合には負債として計上されます。借入金がない場合には、その物件を担保にできるという可能性もあり審査に有利に働くこともあります。

年収や職業、クレジットローンや借金などの有無ももちろん調査されます。子供がいる場合には、将来の養育費や学費というのが考慮され、融資額が下がる可能性があります。

物件情報の審査基準

物件情報の審査とは、建築・購入する物件のエリアや資産価値、将来の収益性を審査します。

物件の審査では、まずその物件のエリアが見られます。金融機関では、物件のエリアも重視します。そのエリアの人口動態などを金融機関は調査・予測しているので、物件のエリアによって審査が通る可能性があるのです。

また、物件自体の価値も金融機関はチェックします。土地評価額と建物評価額を出すことで、物件の資産価値を出すのです。その資産価値を踏まえた上で融資金額をだすのです。

事業計画や物件を評価することで、物件の収益性も審査します。それによって、将来の返済の確実性を審査するのです。

融資の審査では担保が重要

個人が利用できる融資では、本人の収入などが問われるのですが、アパート建築の場合にはどちらかというと担保価値のほうが重視されます。

担保として高い価値を持つ物を設定できれば、借りることの出来る金額も高くなります。これが一般的な融資との違いだといえるでしょう。また、担保として指定した物件がどれだけの収益を生むのかも、審査の対象となるといえるでしょう。もしもアパート建築をすることによって高い利益を得られるのなら、金融機関は多くの資金を貸してくれるのです。

基本的なスタンスは金融機関によって異なっていて、土地を重視することもあれば収益を重視することもあります。アパート建築によって賃貸経営をした場合、もしも返済が出来なくても土地が広ければ売却して返済が可能だと判断するのは正しいでしょう。このような場合には、優れた立地にある広い土地であることが重要視されるのです。

土地があまり広くなくて、形状もあまり優れていないといった場合であっても、高い収益が見込まれるのであれば多くの融資を行ってくれる場合がありますが、これは金融機関によって判断が異なりますから、一概には言うことができません。

また、個人についての調査では、借入をする人の信用情報についての調査は行われると考えておいたほうがいいです。ですから、過去に滞納したことがあったり、あるいは踏み倒したりしたことがあったりすると、審査に通らなくなる可能性は高くなります。また、団体信用生命保険に加入しなければならない場合には、加入できないくらいの健康状態であれば借りることは出来ないでしょう。

アパート建築をするための融資では、この二つの点が問われることになります。

ローンを相談する不動産会社は比較しよう

不動産会社はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、取り扱っている銀行が異なり、担当者によって融資の通し方に違いがあったりします。自分に合った会社を選ぶためにも、不動産会社はしっかりと比較検討しましょう。また、不動産会社はローンに対してノウハウをたくさん持っています。地場や法律などの情報にも詳しいので、まずは相談するのがおすすめです。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

アパート建築の会社・情報コラムのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社