あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

成功させるマンション建築の比較サイトコラム

マンション建築時に注意すべきトラブル

2014.05.14

マンション建築に際しては、近隣に居住する住民とトラブルになることが少なくありません。 具体的には、以下のようなトラブルが発生することが多いので、マンション建築に当たっては十分に配慮する必要があります。 日照権侵害の問題。建築基準法では、隣地の日照権を保護するために、高さの制限や斜線規制等が定められています。これらの規制に合致しないマンションは違法建築物となりますし、仮に規制に合致したとしても、日照権の侵害の程度が受忍限度を超える場合には、損害賠償請求やマンション建築の差止請求の対象となってしまいます。 景観価値保護の問題。建築基準法等の法令に規制に適合していても、マンション建築により景観が失われるとして、近隣住民とトラブルになることもあります。景観に対する価値観は人それぞれですが、その景観が一般に眺望するだけの価値があり、眺望を保つことが周辺土地の利用とマッチングし、マンション建築によりその眺望が失われ、かつその程度が受忍限度を超える場合には、これも損害賠償請求や差止請求の対象となります。 騒音の問題。マンションの建築工事の際には、当然、騒音が発生します。建築工事から発生する騒音については、公害防止条例などにより、細かく規制されています。騒音が規制を超えている場合には、損害賠償請求や差止請求をされる可能性があります。 トラブルを避けるためには、事前に、夜間や早朝、休日の工事の制限、防音措置の実施等について、周辺住民と協定を結ぶことが有用です。 振動の問題。マンション建築工事の基礎工事に当たっては、重機が使用されます。このため、工事により振動が発生し、地盤沈下により既存の周辺建物が損壊するということが考えられます。後のトラブルを避けるためにも、予め土地家屋調査を実施したり、隣地住民立会いの下に工事前に現況を写真などで記録しておく等の措置を採る必要があります。 電波障害の問題。マンション建築時に近隣住民に電波障害を引き起こすこともあり得ますが、地上デジタル放送に移行した現在においては、従来のアナログのような電波障害は生じにくいと言われています。

成功させるマンション建築の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社