あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用住宅の建築と所得税の確定申告

2014.05.16

"賃貸併用住宅とは、住宅を建てる際に賃貸部分を同時に建設し、家賃収入を得ることができる建物のことを言います。 賃貸併用のメリットとして、土地の有効活用、一つの土地のうえに自宅と賃貸を同時に建てることで、賃貸収入で住宅ローンを返済したり、ローンがなくなった後は毎月安定した収入が見込まれます。また、建物自体も賃貸併用にすることで、主要な構造物を共用するため、自宅と賃貸物件を別々に建設するよりも建設コストを抑えることができます。 賃貸併用住宅の収入金額は家賃収入ですから、住宅ローンの返済に充てていて手元に残らなくても、確定申告が必要です。 確定申告は、1月1日から12月31日を1つの会計年度として、翌年3月15日までに申告と納税をします。 その時に、賃貸併用住宅特有の注意点として、事業の必要経費と生活費との区分があります。 確定申告で家賃収入の必要経費になるのは、自宅部分を除いた、賃貸部分に対応する経費です。 建設費の支払利息や、設備の減価償却費など、自宅部分と賃貸部分を明確に分けることが困難な支出については、事業割合という計算をします。 事業割合とは、賃貸部分と自宅部分を面積の割合や、階数でわかれている場合はたとえば、3フロアのうち2フロアが賃貸用なら事業割合は3分の2というように計算をします。設備の修繕費のように、どこのための支出かが明確に区分可能な場合は、賃貸部分に対応するものは必要経費、自宅部分は生活費なので必要経費にはなりません。 家賃収入の確定申告とは別に、賃貸併用住宅と所得税の確定申告にかかわる問題がもう一つあります。住宅購入にあたって借り入れをした場合、一定の要件のもとに住宅借入控除という減免がありますが、対象となるのは自宅部分のみで、賃貸部分に対応する部分については減免の対象になりません。 また、自己の住宅の部分が2分の1未満の場合は、この制度の適用を受けることができません。 賃貸併用住宅の建設にあたっては、賃貸経営の収支計画と同時に、税金の制度についても事前に確認しておきましょう。"

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社