あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

アパートマンション賃貸経営の比較サイトコラム

賃貸経営における火災保険の重要性って?

2014.09.10

マンションやアパートなどの物件を保有する人にとって「賃貸経営」は非常に有効な収入源となってくれます。
空室対策などや管理会社との契約など、賃貸経営では様々な面に気を使う必要がありますが、経営が軌道に乗ったのであればサラリーマンなどの被雇用者よりも自由な時間が多く、柔軟に収入を確保していくことが出来ます。
ですが賃貸経営を中長期的に続けていくというような場合には「リスク管理」について考えなくてはなりません。
ここで言うリスク管理とは「賃貸経営に使用している物件を長期間にわたって使用していくために必要なこと」と考えても良いでしょう。
その賃貸経営におけるリスク管理の中でも、特に重要なものとなるのが「火災保険」です。
マンションやアパートなどは経営の中で、必ず人が居住する必要が出てきます。
そしてそうした人が居住する空間では火が使われるのが一般的です。
調理の時にはもとより冬季にストーブを使用するような地域の場合には、火災リスクが常に付きまといます。
そして火災は一度発生してしまうと、建造物に対して甚大な被害を与えてしまうのです。
現代の日本では賃貸物件では「原状回復義務」が適用されるのが通常として考えられています。
借主は常識の範囲内で物件を使用することが義務であり、故意、または過失によって建造物の価値を損ねた場合には借りる前の状態まで復元しなくてはなりません。
ですが火災によって部屋が焼けてしまったというような場合には、こうした原状回復義務の範疇を大きく超えてしまいます。
数十万円、数百万円の費用をかけなくては回復させることができないというような状況も珍しくありません。
そこでもし火災保険に入っていなかったのであれば、入居者に対して全額を請求しなくてはならないことになるでしょう。
しかし現実的に考えて、火災によって多くのものを失った人が即座に請求された金額を支払うということは不可能です。
そうなってしまえば発生するのは、賃貸経営者がもつ商品の喪失なのです。
火災保険は無駄な費用などではなく商品の保護にかかわるものですから、必ず加入するように心がけましょう。

アパートマンション賃貸経営の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社