あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

アパート建築で成功する業者選び比較サイトコラム

アパート建築するなら木造か鉄筋コンクリートか

2014.05.08

アパート建築を考えるとき、まずどんな構造にするかを決める必要があります。おおざっぱに分ければ、木造にするか鉄筋コンクリート造にするかの選択です。 一般的に鉄筋コンクリート造のほうが、丈夫で長持ちするというイメージがあります。実際、法定耐用年数は木造建築の2倍以上あります。また耐火性・耐震性に優れていて災害に強く、気密性が高いので冷暖房費が節約でき、防音性も高くて生活騒音を遮断できるなどの長所が挙げられます。ただし建築コストがかかるため、家賃も高くなります。 これをアパート建築の側から見ると、コストの問題は最大のデメリットといえます。そのぶん家賃収入は大きくなるので、結局は投資と収益の比較ということになります。 ただ、住人にとっての長所は、アパート建築にとっての長所とは限りません。 たとえば耐用年数が長いということは、減価償却費が小さくなるということですから、毎年の所得税が高くなります。木造のほうが税制面では有利なわけです。もちろん固定資産税も木造のほうが少額で済みます。 また頑丈で壊れにくければ、建て替え費用もかかります。気密性が高ければ結露しやすく、それだけ壁や柱が傷みやすいともいえます。 耐火性や耐震性については、木造でも耐火・準耐火建築物の基準を満たすものを建てることができます。 規制によって、木造アパートは最大3階建てまでと定められていますが、それだけにエレベーターなどの設置が不要で、建築費だけでなくランニングコストの節約にもなります。 鉄筋コンクリート造ですと、大型の建機や広い作業空間が必要で、地盤が軟弱なら杭打ち工事なども不可欠です。木造アパート建築なら、比較的狭い変形した土地にも対応できます。 反面、鉄筋コンクリート造なら規模を大きくできるので、単価だけでなく総収入でも木造を凌ぎます。 結局、アパート建築の際には、投資できる資金の額も考え合わせ、収益予測をシミュレーションしつつ、有利な構造を選ぶことになります。

アパート建築で成功する業者選び比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社