あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

アパートマンション賃貸経営の比較サイトコラム

賃貸経営でのキャッシュフローとは何か

2014.09.11

賃貸経営でのキャッシュフローとは家賃収入から経費を引いた金額のことを意味します。それで賃貸用の不動産を購入して、その不動産がどれだけのキャッシュフローを生み出すかが需要になってきます。不動産の建物は最終的に人が住めなくなって解体になります。その分の費用も回収できるかが賃貸経営の重要なポイントです。

賃貸用の不動産を購入して、そこから家賃収入を得たとします。不動産管理や維持の経費を引いた分がキャッシュフローとして利益になると普通は喜びますが、それはまだ不動産を購入するのに使った資金が戻ってきただけです。しかし不動産は減ってないと思いがちですが、不動産の価値は年が経つごとに価値が減っています。

それでキャッシュフローから不動産の減価分を引いて、さらに将来の解体費用の分を引いた分が本当の利益です。だからただ収入が入ったと喜ばないと、減価分と解体費用を引いた状態で計算して利益になっているかを調べる必要が有ります。それでマイナスになっていれば赤字ということです。

しかし賃貸経営のメリットとして、建物の償却が終わった後も家賃収入が入ることと、土地を保有していれば。土地が値上がりするメリットが有ります。だから減価分と解体費用を引いて計算すると赤字でもトータル的には黒字になるかもしれません。ゆえに計算したら赤字になるからと悲観はする必要は無いということです。

ただ本当に収入が少なければ、キャッシュフローを増やす努力をするか、売却での撤退を考えなければいけません。

よくマンション経営やアパート経営などの賃貸経営を勧める人達が、キャッシュフロー倍率を持ち出してマンション経営やアパート経営を勧めていますが、キャッシュフローを生み出す家賃収入が不安定なのだから、倍率が高い方が逆にリスクが高くなります。だから倍率が高ければお得だと考えないことです。

賃貸経営でのキャッシュフローとは、家賃収入から経費を引いた分ですが、それは丸ごと収入ではないのでキャッシュフローと表記します。それでキャッシュフローから建物の減価分や将来の解体の費用の分を引いた分が本当の利益と考えて賃貸経営をすべきです。

アパートマンション賃貸経営の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社