アパート建築の会社・情報を比較コラム

格安でアパートを建築する方法を紹介!

2018.10.28

激安アパートがある

アパート建築には莫大な費用がかかるものです。しかし最近では激安のアパートも販売されています。

何と1500万程度でアパート建築ができるのです。元々シリーズになっているものですの自由設計で建築できないのですが入居戸数も8部屋もあります。

基本的にはアパートの家賃はアパート建築費用が高ければ高いほど高くなる傾向があるのですが、倍の建設費用がかかったからといって家賃を倍に設定することはできません。そのようなことをすれば入居者はなかなか入ってくれないからです。

ですので、実は激安のアパート建築をしたほうが費用の回収の効率がいいのです、利回りもよくなります。激安のアパートでも新築であればきれいですので必ず最初は入居者が埋まります。ただ激安のアパート建築をしますと思わぬデメリットに遭遇してしまいますので気を付けてください。

格安アパートのデメリットは?

まず頭金の割合が多くなければ銀行などから融資を受けられません。銀行が融資の審査をするときには物件の担保価値も審査の対象にするのですが、激安のアパートの場合は収益物件とはいえ担保価値が少なくなってしまいます。

ですので、かなりの頭金を用意しなければいけなくなるのです。ただ、元々融資額が少ないですので頭金を用意するのはそう難しい話ではありません。そしてもう一つのデメリットは劣化する速度が早いということです。

外壁などは特にその影響が出てしまいます。元々そういい外壁塗装剤を使っているわけでありませんので10年も経過してしまえばかなりみすぼらしいものになるのです。塗装をすればいいだけの話なのですが、それのためにはかなりの費用がかかります。

そして今暮らしている住民に対しての説明もしなければいけません。塗装をしている間は窓を開けることができませんのでかなり不便をかけてしまうことになります。それらも踏まえてアパート建築をしてください。早々とアパート建築の費用を回収したい場合には適しています。

ここからは、アパートを激安で建築する方法を紹介します。

アパート建築費を下げる方法

材料のランクを下げる

使用する材料のランクを安いものにする事、他には住居ごとの間取りを同じにして、同一材料を多数使用する事で仕入れコストと安くする、構造を単純化して使用材料自体を減らす事、それに伴って工期を短縮する事により工事経費を下げる事が挙げられます。

そして工事以前の段階としては、アパート建築地を安く購入する事が有ります。

建築費を安くするために削っていい部分は壁紙

アパート建築を少しでもロー費用でする場合にはどうすればいいのでしょうか。自由建築の場合には削れる部分は削ればいいのですが、賃貸物件ですの削っていい部分とそうでない部分があります。値段を安くするために削っていい部分は壁紙です。

頻繁に張り替えるようにしたほうが入居者から喜ばれる

一般の家の場合はそう頻繁に壁紙をかえることはありませんが、アパートの場合は古くなりますと壁紙をかえます。高級な壁紙を使って長い間使い続けるよりも、安い壁紙を張り替えるようにしたほうが入居者から喜ばれます。

またアパートの場合は特殊な模様の入った高い壁紙を使う必要もありません。あまりに模様の入ったものを使ってしまいますと趣味に合いにくくなるので付表なのです。

削ってもいい部分は装飾に関する部分

他にも削ってもいい部分は装飾に関する部分になります。デザイナーズハウスの場合でしたらデザインを売りにしていますので装飾にお金をかける必要がありますが、そうでないアパート建築をする場合には余計な装飾などは値段を釣り上げるだけですのであまり意味がありません。

材料関係や設計関係でのコストダウンを考える

もしインフラが少なければ、土地購入価格を下げる交渉が有効です。建築工事に戻りますと、仮設工事と安全対策、施工管理費、周辺住宅対策は省く事は出来ません。よって先述した材料関係や設計関係でのコストダウンを考えるのが現実的です。

出来るだけ施工のしやすい単純化したものにする

設計自体を出来るだけ施工のしやすい単純化したものにする事でもコストダウン可能です。そして何より、設計施工一式請負可能な業者を地道に探してそういう業者に依頼する事で建設業界にありがちな中間マージンを抑える事が出来ます。アパート建築は低価格が可能といっても金額自体は安くは有りませんので、建築主側も地道な努力が必要です。

削ってはいけない部分は床

逆にアパート建築において削ってはいけない部分は床になります。床があまりにも安物ですと見た目に貧乏くさくなってしまうからです。まだ新築のときにはいいのですが、10年も経過しますとキズだらけになってしまいます。ですので希望者が見学をしたときに嫌な印象を抱きかねません。

安くしてくれるように交渉する

他にもアパート建築をするときには業者に、直接値段を安くしてくれるように交渉するようにしてください。アパート建築の業界でも一般の住宅と同じように値切れる場合もあるのです。住宅メーカーによるシリーズもののアパートの場合には、あまり大きな値切りができないこともあるので注意してください。

絶対に削ってはいけない部分は安全性

そして絶対に削ってはいけない部分は安全性になります。費用を安くするために安全性を犠牲にしてしまいますとあとで大変なことになってしまうからです。震災などが起こった時にはあまり激安のアパートですとすぐに倒壊してしまい、多くのローンや賠償金が発生してしまいます。

土地はかなり重要

土地はかなり重要で、隣接する道路にガスや上下水道、用排水路、光回線などのインフラが有るか、敷地内にそれらが引き込まれているかによってその後の工事費用が嵩むか抑えられるかがかかってきますので、総工事費に大きく影響します。

これらが少ないとその分工事費が掛かり、低価格で建物が建設出来てもトータルでは安くならない事にもなりかねません。

コスト優先で考える事が大事

アパート建築は賃貸を前提に行いますので、建築主のこだわりを多く取り入れるよりは、ある程度コスト優先で考える事が大事です。材料的には新建材などの集成材を多用すると材料費単体は抑えられます。外装も内装も見栄えがする価格も手頃な材料が有りますので、建築会社とよく打ち合わせすると良いでしょう。

低価格の建築会社を探す

アパート建築を行う建設会社の中には、格安で請け負う所もあれば、建築費が高い所もあります。大手などは宣伝広告費をかけていることや、もともとの単価が高いということから高いことが多いです。

また、安いといっても造りがいい加減だったり、デザイン性が酷いアパートだと住人が集まらず意味がないです。だからこそ、建設会社をしっかりと比較しつつ、なるべく格安でしかも建設実績のしっかりした信頼出来る会社を選び出す必要があるのです。

低価格の建設会社を探すには、ランキングサイト等を駆使してしっかりと建設会社の比較を行う事が重要です。

アパート建築業者は比較しよう

アパート建築業者はとてもたくさんあります。それぞれの会社によって、建築費用や強みが異なります。自分に合った会社を選ぶためにも、アパート建築会社はしっかりと比較検討しましょう。

下記の「一括見積フォーム」で診断することで、大手から中小規模の会社まで、全国の会社から見積と提案を受けることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめです

全国対応!ラクラク診断で一括見積をする
クイック診断

アパート建築の会社・情報を比較のメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は何十年と使う物です。理想の住宅プランをしっかりと練りましょう。各社から提案を受けることで、理想を実現できる会社を選べます。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取り寄せることで、適正な建築費を知ると同時にコストを抑えられます。タテールでは各優良会社から見積りを取れます。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    タテールでは、一回のクリックで複数社の資料請求と見積ができます。面倒な業者探しや個人情報の入力の手間、電話でのやり取りが省けます。

資料請求の流れ
資料請求の流れ
  1. 全国どこでも、計画地の状況やご住所などを簡単記入。詳しい情報を入力してください。
  2. 1回のクリックで複数社に資料請求できます。あなたの理想に合ったプランをもらえます
  3. 届いた資料をもとに、希望に合ったプランをゆっくり選定しましょう!

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

全国対応!ラクラク診断で一括見積

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社