あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

土地活用で優良業者相談・比較サイトコラム

太陽光発電での200坪の遊休地の土地活用

2014.09.03

昨今の景気回復で東京、大阪、名古屋の都市部では土地の下落に歯止めがかかり地価も上昇傾向にありますが、そのほかの地域では相変わらずの底値、あるいは下落傾向が続いています。
そのほとんどはバブル期以前の地価になりつつあります。
上昇傾向の地域では、例えば200坪の遊休地があれば、その土地活用法として売却したり、賃貸借したり、マンションやアパートを建てたり、あるいは駐車場経営をしたりと、様々な選択肢があるでしょう。
しかしそうでない地域では、売却すれば損失も大きくなってしまいます。
マンション経営では資金もそれなりに必要でしょう。
ですから同じように土地活用するのは難しいのが現実です。
そこで、もしも200坪もあるのであれば、おすすめの土地活用法が事業用の太陽光発電です。
無論、森林など届け出が面倒だったり、伐採に費用が掛かるような土地は除きますが、200坪もあれば、日当たりもよいはずですから、売電での収益が見込めます。
休耕地などの農地であっても、事業化できます。
国が行っている通称FIT、再生可能エネルギ電力全量固定価格買取制度により、電力会社がに対して一定期間、一定の価格で買い取ることを義務づける制度です。
特に事業用での全量買い取りは20年間、売電価格が保証されます。
用途のない遊休地でも安定収入を得られる収入源として有効的に土地活用することができ、確実に投資を回収できるローリスクの投資です。
リスクがあり得るとすれば、それは地震や津波、火山の噴火、洪水、竜巻などの天災ぐらいなものでしょう。
ちなみに200坪程度だと、年間5万から6万キロワットの発電量が期待できますので、20年間では4000万円を超える収入です。
太陽光パネルを設置するための初期コストにしても、国や多くの自治体では補助金制度や超低利融資制度を実施していますし、減価償却での税額控除もありますから、それらを利用すれば回収時期も短縮でき、回収後は安定収入として土地活用できます。
自治体にもよりますが、助成の厚い地域なら最短で5,6年、薄い地域でも10年程度で回収できます。

土地活用で優良業者相談・比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社