あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

成功させるマンション建築の比較サイトコラム

マンション建築の際に注意すべき接道義務

2014.05.14

建築基準法において、建築物の敷地は道路に2メートルないし3メートル以上接していなければならないと定められています。 これは、例えば、災害時の避難経路や消防車や救急車等の緊急車両の経路を確保するためです。 マンションも建築基準法上の接道義務が要求される建物ですので、マンション建築の際には、まず、接道義務を満たすマンション建築予定地を確保しなければなりません。 また、建築基準法では「道路」の定義も定められています。建築基準法にいう「道路」とは、道路法や都市計画法等の法律により造られた道路で、幅員が4メートル以上のもの(特定行帳が特に定めた区域内においては6メートル以上)をいいます。そして、この「道路」に該当しない道路に接していても接道とは認めれません。したがって、マンション建築を予定している敷地が道路に2メートル以上接している場合であっても、その道路の幅が4メートルに満たない場合には、接道義務を満たしているとはいえないのです。 ただし、接道義務に関する法律が定められる前から存在していた道路については、法律により造られた道路でなくても、建築基準法の「道路」と認められます。 「道路」の定義がこのように定められているのは、法律により造られた道路は、道路の構造や管理等について法律で規定されているため、接道義務の趣旨である避難経路や救急車両の進入路確保という趣旨に合致するし、救急車両の進入路として利用することを考えれば、道路の幅をある程度確保する必要があるためです。 建築基準法は、このように建物の敷地が道路に接することを要求していますが、例外もあります。 法律上の義務を満たしていなくても実際には全く支障がないケースがこれに当たります。例えば、敷地が公園に接しておりそこから自由に敷地に出入りできる場合などです。 仮に、マンション建築予定地が、接道義務を満たさないような土地である場合、建築許可を得ることができません。 しかし、周囲の状況や建築計画の内容から、交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認められ、行政の許可を受けることができれば、そのような土地でのマンション建築が可能となります。

成功させるマンション建築の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社