あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

アパート建築で成功する業者選び比較サイトコラム

木造アパートの坪単価の算出方法

2014.05.09

賃貸収益物件の資金計画

賃貸収益物件としてアパートを建築する際には、建築コストを抑えて設計するのが基本となりますが、 基準となる坪単価を知ることができれば資金計画が立てやすくなります。

木造一戸建て住宅の坪単価を目安

アパートは低層の集合住宅ですから2階建てまたは3階建てが主流となります。 ですから建築コストの安い木造アパートも建築することが可能です。 木造アパートの坪単価は木造一戸建て住宅の坪単価を目安とすることが可能です。

異なる部分は設備機器の設置数

もちろんこだわりの設計プランを採用している場合や、 豪華な設備機器が採用されている場合などは単純に参考にすることはできませんが、 同じ構造ということで目安として使用することが可能なのです。 木造住宅と木造アパートの坪単価で異なる部分といえば、設備機器の設置数となります。

アパートでは各戸数ごとに設備機器が必要

アパートでは各戸数ごとに設備機器が必要になりますので、小規模な戸建住宅が戸数分あるのと同じ状況となります。 その分だけ建築コストが高くなるのが当然ですが、一般にアパートで使用される設備機器は、 戸建住宅に使用するものとはグレードが異なりますので、極端に坪単価が高くなることはないと言えます。 また戸建住宅ではこだわりのプランによって内外装の仕上げ材を自由に選びますし、 和室があれば柾目の通った柱が必要になる分だけ総工費が高くなります。

構造体にかかるコストを安くできるメリット

しかし同じ構造でも木造アパートに見た目の良い柱を使用する必要はありませんし、 構造がシンプルなために構造体にかかるコストを安くできるメリットがあるのです。 もちろん木造アパートのほうが総工費が高くなるのは間違いありませんが、坪単価では戸建住宅よりも遥かに高くなるのが普通です。 設備機器が小さい面積に密集している分だけ坪単価は高くなりますが、坪単価が高くても面積が小さければ総工費は安くなるのです。

総工費で判断していくことが大切

ですから坪単価は参考にする程度にとどめ、総工費で判断していくことが大切なのです。 賃貸物件は物件の建築費用によっては収益性に問題が出てきますので、建築コストの安い木造アパートにはメリットが大きいのです。

アパート建築で成功する業者選び比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社