あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

失敗しない戸建賃貸経営の比較サイトコラム

坪単価で分かる戸建賃貸について

2014.06.21

"坪単価とは、住宅を建てるときにかかった費用を建坪で割ったものです。例えば、住宅の建築に2000万円かかり、住宅の延べ床面積が40坪だった場合、坪単価は50万円ということになります。この数字を見ると、住宅の広さや間取りに関係なく、どれくらいのお金を賭けて作られた住宅化ということが分かります。 戸建賃貸の場合、大きく分けて持ち家や自分が住んでいた物件を賃貸に出すパターンと、自分が土地を所有しているところに新たに住宅を建てて、賃貸に出すパターンがあります。前者の場合には、元々自己の使用のためにたてられた住宅ですので、ほとんどの戸建賃貸が中古物件にはなりますが、坪単価は高い物件であることがほとんどです。但し、築年数によっては水周りや間取り、設備などが古くなっていることもありますので、戸建賃貸に出す前にリフォームをする必要が生じることもあります。とはいえ、元々出来上がっている物件に手を加えるだけですので、不動産投資でネックとなっている初期投資はかなり少なくすることが出来ます。新たに戸建賃貸用の住宅を建てることはあまり多くはありませんが、この場合にはどうしてもコストを抑えた住宅作りの方向に行きます。そのため、新築の戸建賃貸として出ていることもありますが、基本的には坪単価は非常に安くなっています。とはいえ、居住者からすると集合住宅のように周辺の住民を気にして音などを立てないようにするといった不便がありませんし、中には庭や駐車場がついているものもありますので、条件がよければ引越しをしたいと考えている人も少なくありません。 資産運用として戸建賃貸を行うときには、家賃収入と住宅の建築や改装などにかかった費用などを比較検討する必要があります。利回りで言えば、集合住宅に比べると利益率が落ちる戸建賃貸ですが、その代わりに長期的に居住するケースが多いため、空室リスクは減らすことが出来ます。後は投資金額と家賃収入で判断しましょう。"

失敗しない戸建賃貸経営の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社