あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用住宅はローコストであるのがメリットです

2014.06.04

"賃貸併用のメリットとはつまりローコストになる点です。 自分の住居と収益物件と二つを建設するのにはかなりのお金がかかります。 しかしその二つの役割を併せ持った賃貸併用住宅の場合でしたらそれぞれを別々に作る場合とは違ってかなりローコストになるのです。 一つの建物にしてしまうからです。 そして税金の対策などにもなります。このようなことから自宅と収益物件と両方がほしいという方には適しています。 賃貸併用住宅はローコストであるのがいいところなのですが、逆にデメリットもあるので気を付けてください。 例えば自宅と収益物件が別々の場合でしたら自宅を改装したいと思えば自分の一存で自由に改装することができます。 また逆に自宅の外壁が汚くなっても自分さえその状態が嫌でなければそのままにしておけばいいのです。 しかし賃貸併用住宅の場合はそうは行きません。 大家の暮らしている部分の外壁が汚くなった場合でもただちに塗り替えを行わなければいけないのです。 居住部分はそれぞれ違うものの外壁というものは共有しています。 自分の部分の壁が汚くても別に構わないからといって何もしないというわけにはいかないのです。 そのままにしていますと汚い物件だと思われて空室が出てしまう可能性もあります。 またリフォームが自分の一存でできないのも自分だけではなく同じ建物に他の入居者がいるからです。 そのリフォームによって一時的に退去をしなければいけなければいけなくなります。 賃貸併用住宅というのは自分の好き勝手にしていい住宅というのではありません。そのことも良く分かってから建設するようにしてください。 騒音の被害や逆に加害者となってしまう可能性もあるのです。 しかしコスト的には安くなるという点はどのような場合でも同じことですので心配はいりません。 賃貸併用住宅の場合でしたら外壁の修復などにかかった費用などは経費として計上することもできますので税金面でのメリットもあるのです。"

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社