あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用住宅で利用できる融資の種類

2014.06.04

居住用の住宅には住宅ローンが使用できますが、賃貸物件には賃貸専用のローンを使用することになります。しかし賃貸併用住宅の場合には、住宅ローンと賃貸専用ローンのどちらかを選択することが可能です。融資を受けるに当たりどちらが適しているか比較をする必要がありますので、それぞれのメリットとデメリットを把握することが大切です。賃貸併用住宅で住宅ローンを利用するには、自宅となる居住用の面積の方が賃貸部分よりも大きくなければならない決まりがあります。この条件を満たしていることが住宅ローンを利用するための条件となりますので、賃貸部分の面積は限られてくると言えます。賃貸併用であっても家賃収入を得るために行うわけですから、住宅ローンの融資を受けるために戸数を減らすのは効率が良いとはいえないのです。住宅ローンのメリットは金利が低く長期ローンが利用できる点にあります。一方で賃貸物件用のローンは事業向け融資となりますので、住宅ローンよりも金利が高く、短期間で返済するスタイルとなります。確実な収支計画や利回りなど一定の条件を満たさなければ融資を受けることができませんが、その分高額融資が受けられるメリットがあります。大規模な賃貸併用住宅では賃貸部分が大きくなりますので、事業用融資を利用することになります。賃貸併用住宅に住宅ローンを利用するには、家賃収入が返済財源とはみなされない点に注意が必要です。事業用ローンでは家賃収入により返済が可能という判断がされますが、住宅ローンでは家賃収入と返済の能力は無関係となってしまうため、高額な建築費が必要な賃貸物件に住宅ローンを利用することは困難だと言えます。住宅ローンでは必ず全額融資が受けられるわけではありませんので、賃貸物件に使用した場合には自己資金やつなぎ融資など、一度の手続きで完了しないというデメリットもあります。また住宅ローンでは事業向け融資のように高額な融資は受けられない点に注意が必要です。

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社