あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用物件の不動産取得税について

2014.05.31

"賃貸併用の土地や建物を取得したときの不動産取得税ですが、原則課税されます。ただし、新築の場合はそこに居住するという条件がないため、賃貸であろうとそこに自ら住もうと軽減の対象であり、その他の条件も満たしていれば具体的には床面積などの条件を満たしていれば軽減対象になります。 しかし、中古の物件の場合は不動産取得税は取得者がそこに居住することが条件の一つになりますから、賃貸併用の場合だと軽減対象としては見てもらえないということになります。 マンションやアパートなどの共同住宅の場合でも同じ考え方ですが、賃貸併用の場合そこに住む取得者だけの床面積に応じて軽減になるので、残りすべてを課税され納税する必要が出てきます。マンションなどの場合で物件によっては数百万円の税額になる可能性がありその点もふまえて購入する必要があります。 また、今は自分が住むけれども将来貸すかもしれないということであれば、原則取得したときの状況により判断することになるので、賃貸併用であっても最初に居住するということであれば、軽減が受けられる可能性はあります。なお、この中古物件の場合は、そこに住民票を移していない場合は居住していることが分かる何らかの文書の提示が必要になることがあります。具体的にどのような文書が必要かについては都道府県税事務所の不動産取得税担当者に確認する必要があります。 戸建ての場合は最初はそこに住むために購入して、その後転勤等の見込みがあり賃貸にも出すことが分かっていても、軽減を受けられる可能性はあるので、こちらも都道府県税事務所の不動産取得税担当者に確認する必要があります。 賃貸併用物件の場合は様々な状況にあり、一概に軽減が受けられるかどうかを判断はできないので、都道府県税事務所の不動産取得税課税担当者に確認を事前に行うことを心がけて行動する必要があります。いったん課税されてしまうとそれを覆すのは困難ですので、それでもということになれば不服審査請求、裁判という流れになっていきます。"

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社