あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトコラム

賃貸併用住宅は二世帯住宅との併用でもあります

2014.05.30

"日本は史上かつてない低金利時代です。 住宅ローンを組むには絶好のチャンスといえます。 さらには、政府・日銀によるインフレ・ターゲット導入によって、数年内に2%のインフレを目指しています。 インフレは現金以外のモノの価値が上がることでもあり、不動産にとっても追い風になっています。 とはいえ、新築一戸建ては高値の花には違いありません。 耐震基準強化や、東京五輪招致成功によって、不動産投資は活況に呈しつつあり、住宅価格も上昇しています。 そんな時代を背景に、安く住宅を建てたいニーズは増すばかりです。 その一つの解決策として、賃貸併用住宅というものが脚光を浴びています。 賃貸併用住宅は、建物の一部を賃貸用スペースとして設計している住宅です。 一戸建てを半分に分けて、半分が賃貸用になっています。 お互いに行き来が出来ないので、メゾネットタイプのアパートのような形態を思い浮かべるといいかもしれません。 賃貸併用住宅は、賃貸スペースを貸すことで、賃料収入が得られます。 その賃料収入を住宅ローン返済に充てることで、とても安価に住宅を持つことの出来る方法なのです。 賃貸併用住宅は二世帯住宅との併用にも使えます。 はじめは賃貸併用として使っておき、両親が高齢になって同居する必要が出てきたら二世帯住宅に切り替えて利用するのです。 もともと、賃貸併用は同じ建物の中に二世帯分の住戸があるわけですから、二世帯住宅化するのはとても容易なのです。 元から二世帯住宅として利用することを前提に、一部を通路に改築し易いように設計することで、二世帯住宅への切り替えの際にリフォームをしなくて済むようにすることも出来るでしょう。 両親との同居ばかりではありません。 子供が独立した場合にも、引き続き利用することが可能なのです。 それまでに建築費用の半分ほども回収出来ていれば、それをそのまま子供の学費に回すということも可能になります。 ライフステージの変化に容易に対応できるのが賃貸併用住宅の長所と言えます。"

クチコミで評判の賃貸併用住宅!建築比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社