あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

土地活用で優良業者相談・比較サイトコラム

色々な土地活用による比較について

2017.01.20

土地活用には様々な方法があります。

 比較をすると、それぞれについて様々なメリット、デメリットがあります。

 1つ目は借地です。

 メリットは、固定資産税が1/6になる事、相続税評価が45%~25%減額される事、譲渡税が控除された保証金や安定した賃料が得られるといった、金銭面でとても安定しています。

 デメリットは、借用期間が10年以上の長いスパンになる為、最初の賃料の設定で失敗してしまうと運用が難しいという事があります。

 2つ目は等価交換です。

 等価交換は資金がなくてもマンションやアパートの土地活用をする事ができます。

 また、譲渡税の優遇措置により、等価交換を行えば譲渡はないものとみなされ、譲渡税が不要になります。

 土地と引き換えに得られた建物は自分で住むことも、賃貸にする事もできます。

 ただ、土地を手放すことにはなる為、権利関係がやや煩雑になります。建物に関しての所得税、住民税の負担が高くなるのもデメリットです。

 3つ目はアパート、マンションの経営です。

 こちらは土地活用としてはかなりメジャーな所ですが、バックアップの体制がかなり整っているため、老後の安定した収入源などに役立ちます。

 しかし、修繕費用や管理費用なども掛かってくるので、運用にどれだけの費用が必要なのかを考慮しておく必要があります。

 4つ目は駐車場経営ですが、少ない資金源で収益が得られるという最大のメリットがあります。

 他の事業への転用、売却などもスムーズに行う事ができます。

 一方、家屋に比べ、固定資産税は6倍になります。また、場所によってはあまり需要がない場合もあり、借りてが付き辛い場合もあります。

 5つ目は、土地売却です。メリットとしては、固定資産税等の税金関係や管理などの手間から解放され、売却で直接まとまった資金が得られるという事です。しかし不動産資産がなくなる事、資金の運用を個人消費のみにしてしまうとあっという間になくなってしまうという事があります。

 土地活用を比較すると、それぞれに良い面や悪い面がありますが、所有している土地の特性によって土地活用の方法は違ってきます。

 上手に比較をしてその土地に合った運用をすることが大切です。

土地活用で優良業者相談・比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社