あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

資料請求はこちらから

クイック診断

成功させるマンション建築の比較サイトコラム

マンション建築の坪単価の特徴と判断方法

2017.02.11

一戸建て住宅では、坪数や階数、グレードや設備機器によってある程度の単価を把握しやすいメリットがあります。一戸建て住宅は木造が多いことで標準的な坪単価が目安となりますが、マンション建築では坪単価が目安とはならない特徴があります。木造住宅では使用する材料の数量を把握しやすいため、単純な計算によって坪単価が出せますが、マンション建築ではそれぞれに全く異なるという特徴があります。一般にマンション建築では鉄筋コンクリート造か鉄骨鉄筋コンクリート造が主流となりますが、建築基準法によって制約があるために間取りや建物形状が異なってしまう点があります。形状が異なれば使用する部材数が多くなりますし、構造的に見れば鉄筋コンクリートの量が多くなりますので、単純な坪単価では把握しにくいのです。またファミリータイプのマンション建築と高級マンションでは全く異なりますし、高層マンションではさらに設計内容が異なります。ですからマンション建築では坪単価で建築コストを把握することは困難と言えます。もちろんある程度の予測は立てられますが、見積書の段階で建築費用が大きく異なれば全く意味をなさないものになります。収益物件としてマンション建築を依頼するときは、マンション建築に対して詳しい知識と経験が豊富な業者を選ぶことが大切です。経験が豊富であればこれまで建築したマンションの事例から精度の高い坪単価を算出できますので、契約の段階になって価格が違いすぎるということが起こりにくくなります。坪単価は総工費を延坪数で割った単価ですし、平米単価は延床面数で割った単価ですから、面積が大きくなると単価は下がります。マンション建築では専有面積が広いほど坪単価は下がりますが逆に狭くなると高くなるのです。坪単価は坪数や面積で高くも低くもなりますが、大切なのは総工費ですから1坪あたりの単価にこだわりすぎるのは避けるべきです。しかし専有部分のグレードや高級感を判断するには坪単価が最適な目安となります。

成功させるマンション建築の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

クイック診断

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

資料請求はこちらから

クイック診断

参加企業

  • 大東建託株式会社
  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社