あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

アパートマンション賃貸経営の比較サイトコラム

アパート建築にかかる借入金利について

2017.02.16

アパート建築にかかる資金を調達するためには、銀行などの金融機関から借り入れをすることは多いでしょう。もちろんですが、借り入れをせずに自己資金だけでアパート建築をできれば、それに越したことはありません。しかし、資金が不足しているときや、あるいは投資としての利回りを高めたいと思ったときには、借り入れをするべきでしょう。

 

 借り入れをしたときには利息を支払わなければなりませんが、この利息は借入金利に基づいて計算されます。借入金利が低い方が、支払利息の金額も小さくなります。ですから、借入金利を比較して、できる限り低いものを選ぶというのが、アパート建築の借り入れでは基本的な方法となってくるのです。

 

 ただ、アパート建築をするときには、借入金利が低ければ低いほどよいというものでもありません。なぜかというと、金利タイプによって性質が異なるからです。固定金利と変動金利とでは、色々な面で大きく異なっていると言えるでしょう。また、一定期間だけ固定金利で返済をするというタイプもありますから、金利タイプについてはよく把握しておく必要があります。

 

 アパート建築の借入金利を比較するときには、同じ金利タイプ同士を比較することが必要となってきます。一般的には、変動金利のほうが低金利等傾向があります。ですから、固定金利と変動金利とを比較することには意味がないと言えるでしょう。固定金利は、金利上昇リスクに対するリスクプレミアムが上乗せされているということを把握した上で比較しなければならないのです。

 

 ですから、銀行などの金融機関でローン商品を比較する前に、まず金利タイプを選ばなければならないのです。選び方というのは特にありませんが、長期的に見れば金利上昇リスクがあるために固定金利を選んだほうが良いと考えられます。短期的な場合には急激に金利上昇が起こる可能性はあまりないと考えられますから、変動金利を選んでも良いと考えられます。

アパートマンション賃貸経営の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社