あなたの土地いくらでタテール 無料一括見積請求

アパートマンション賃貸経営の比較サイトコラム

アパート建築で注意しておくべき金利について

2017.02.10

アパート建築をするときには、金利動向について把握しておく必要はあるでしょう。特に、最近では金融政策の影響が大きいですから、金融政策についても把握しておく必要があります。アパート建築をしたとしても、金利上昇によって利払いが増え、キャッシュフローが悪くなることもありますから、この点にはよく注意しておかなければなりません。

 

 アパート建築をするためにローンを組むときの収支計算には余裕を持たせておかなければなりません。現在は非常に金利が低い状態であるからです。これは日銀の政策の影響で、過去にないくらい低い状態が続いています。ですから、アパート建築をするときにも有利な条件で借りることができる状態だといえるでしょう。

 

 もしも今の状態がずっと続くのであれば、今のうちに借りてアパート建築をするのが良いと考えられますが、今の状態が永遠に続くとは考えにくいです。というのも、金融緩和が行われているのは景気が悪いからなのです。景気対策の一環として金融緩和が行われていて、その結果として有利な条件で借りることができるようになっています。ですから、もしも景気が回復すれば利上げが行われることは容易に想像できるのです。

 

 景気が回復して家賃収入が増えればよいですが、すぐに増えることはないでしょう。その時期には利息負担はかなり大きくなると考えておかなければなりません。そうなって資金繰りが悪化して最終的に物件を手放すということにならないようにするためには、やはり余裕のある収支計画を立てておくことが必要なのです。例えば、借り入れている金利が5%上昇したと仮定して収支がプラスになるかどうかを判断するというように、大規模な利上げが起こったときのことを考えておくというのは良い方法だと考えられます。もしもそれでも難しいと考えるのなら、金利上昇リスクを回避するために固定金利で借りるのが良いと考えられます。ただし、固定金利は高めに金利が設定されているという点にも注意しておかなければなりません。

アパートマンション賃貸経営の比較サイトのメリット

  1. MERIT 01

    自分に一番あったプランを選べる

    建築物は建てた後も何十年と使っていくものです。だからこそ自分でしっかり建てられるプランを練る必要があります。

  2. MERIT 02

    建築費を安く抑えられる

    多くの会社から見積りを取寄せ、適正な建築費を知ると同時に、コストを抑えた形で建築できるように各優良会社から見積りをとりましょう。

  3. MERIT 03

    一括で見積れるのでラクラク・簡単

    一回のクリック複数社の資料請求ができるから、面倒な業者探しや個人情報の入力の手間が省けます。ラクラク簡単見積を利用しましょう。

資料請求の流れ

資料請求の流れ
  1. 計画地の状況やご住所などを簡単記入。後は詳しいプランを貰うだけ。
  2. 1回のクリックで複数社に一括資料請求。
  3. 届いた資料をもとに納得のいく自分たちだけのプランをゆっくり選定。

資料請求はこちらから

都道府県を選択 クイック診断
カテゴリを選択

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくもので、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

参加企業

  • メイト不動産
  • セキスイハイム
  • 株式会社ネイブレイン
  • 株式会社渡辺住研
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • ポラテック株式会社~ポウハウス~
  • 株式会社TERAcorporation
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社賃貸アドバンス
  • 株式会社東栄住宅
  • 株式会社MDI
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 近藤建設株式会社
  • 鈴木工務店株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 川木建設株式会社
  • 株式会社アークリンク
  • 株式会社フィル・カンパニー
  • 東京セキスイハイム株式会社
  • 株式会社 吉田正志建築設計室
  • 株式会社リビング百十番ドットコム
  • 株式会社土地活用
  • 株式会社スルガ建設
  • 朝日リビング株式会社
  • 東日本建設株式会社
  • 建築キャリア株式会社